どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

子供の頃タダで食べていたものが今や高級品

どこかに行きたいなぁ



虫の音が賑やか・・

そんな秋の朝である。

いつの間にか聞かなくなったセミの声。

昨日は遠くの方でツクツクボウシ。

最後の一鳴きか。

すぐ聞こえなくなった。

暑い夏もやっと終わったようである。

 

嫌だ嫌だと言っていた夏。

しかし、終わってしまうと寂しいものだ。

特に今年は夏の思い出が見当たらない。

なんとも寂しい夏の終わりである。

 

さて、秋がやって来たので、スーパーは秋の食材真っ盛り。

誰が買うのか松茸も山積み。

どこからかの輸入品だと思うが、この歳になると松茸はもういい。

若いうちにたくさん食べておいて良かったと思う。

 

子供の頃は、風呂の焚き口に突っ込んで焼いていた松茸。

それほどありがたみはなかった。

ただ、秋の風物詩。

それだけの理由で食べていた記憶がある。

 

大人になってからも、田舎の山で取れた松茸をよく頂いた。

しかし、その松茸も取れなくなり、最近は全くのご無沙汰である。

 

そんな中、子供の時、嫌というほど食べていた果物に出会った。

スーパーで売っていること自体が信じられない。

子供の頃は買うものではなく、庭の木になっているのをちぎって食べていた。

虫と競争である。

 

というのは、実が開くとカナブンがすぐにやってくる。

虫がついている実は食べたくない。

開くか開かないか微妙な時に食べるのがポイントだ。

その食べ物はイチジク。

北海道で育ったカミさんは高級品という。

なんと一個百円くらいしたという。

 

ということで昨日スーバーで買って来た。 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
美味しそうに食べるカミさんを横目でチラリ・・

 
PVアクセスランキング にほんブログ村

 
定年後の暮らしもよろしくね。


  にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ  に参加しています