どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

忖度がまかり通るマスコミ。真実は何処に・・


今朝も朝からBSワールドニュース。

どうして、日本のニュースを見ないのか。

それは、東日本大震災の教訓があるからだ。

 

あの時、日本は大パニック。

テレビでは連日連夜、福島のニュースが流れていた。

しかし、その内容は統制されたもの。

真実は報道されていなかった。

 

アメリカのニュースでは福島のメルトダウンが報道されているのに、日本国内は無視。

むしろそのことに対して発言している人を嘘つき呼ばわり。

民放はスポンサーである電力会社に忖度。

NHKは政府に忖度。

誰もが日本は安全だと繰り返し報道していた。

 

その頃私も、アメリカから仕入れたメルトダウンの話を同僚に話していた。

なかなか信じてもらえず、一部の人からは嘘つき呼ばわり。

かなり辛い思いもした。

 

確かに、日本国民はパニックになりやすい。

善意に考えれば、そのために情報を隠したともいえる。

おかげで、パニックが抑えられたとも考えられる。

 

その2ヶ月後、やっとメルトダウンのニュース。

その頃はすでに遅く、かなりの人が被爆した後であった。

アメリカはその点、早くから行動して、アメリカ国民を日本国内から避難させていた。

さすがアメリカというところである。

 

そんなこともあり、今回のコロナ騒ぎ。

やはり報道では忖度がまかり通っている。

なぜ日本でPCR検査の数が増えないか。

いまだに真実は報道されていない。

 

さて、そんな日本。

どう生きればいいか。

真実は隠されていても、政府は国民を守ってくれる。

これだけは信じよう。

 

そして、庶民の生活は・・

前から言っているように「巣篭もり」が一番。

カミさんはまた一つ作品を増やした。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ