どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

コロナ騒動・・いつの時代も弱いものにしわ寄せがいく





よく花粉が飛んでいる。

夜中は自分のクシャミで目覚めた。

鼻水がタラリ・・

天気予報ではそれほど飛んではいないようだが、体は正直。

テイッシュの予備があることに感謝である。

 

さて、Facebookが2年前のネパール旅行を教えてくれた。

ちょうど2年前の今日、出発した。

病み上がりの、命がけともいえる旅立ちであった。

今思えば、行ってよかったと思う。

今行こうとしても、ネパールはコロナのため日本人入国拒否。

旅行は思い立ったら即、というのを実感している。

 

そんな日本、中国からたくさんのマスクを寄付されている。

送ることはあっても、もらう事になろうとは・・

さらに、町ではトイレットペーパーの争奪戦。

ネットでは転売屋が暗躍。

凄まじい世の中である。

 

近年、お役人が書類の改竄をしても罪にならず・・

さらに、都合の悪い書類は捨てたもの勝ち。

上に立つものがこうでは、庶民に真面目に生きろと言っても説得力がない。

坂本龍馬ではないが、「日本を今一度せんたくいたし申候事」と言いたくなる。

そんな感じで広まったコロナウィルスのような気がする。

 

荒れた時代には疫病が流行るという。

時代は繰り返す。

 

そんな時代で一番辛い思いをするのは子供たち。

なんの罪があろうか、学校まで取り上げられた。

貧しい家庭では、給食が1番の栄養補給とも聞く。

突然決めた学校閉鎖。

昼ごはんすら食べれない子供もいるという。

せめて、授業をやめたとしても、給食だけは希望者に提供するということも考えられた。

しかし、突然の決定。

いい知恵も全てお上が握り潰す。

 

せめてもの救いは春の訪れ。

昨日は春の日差しに癒された。

玄関先に置かれている正月飾りの葉牡丹。

元気に伸びている。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ