どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

娘が帰って、静かな食卓で思うこと





今朝はちょっと疲れ気味。

目が覚めても、なかなか布団から出られなかった。

ちょっと気合が抜けたのかも。

三日間の娘の帰省が終わった。

ほんの少しの滞在だったが、久しぶりに賑やかな我が家になった。

 

札幌に戻った娘からメールが届いた。

その中に今回の帰省で持たせたものがズラリ。

説明付きの写真が送られてきた。

 

f:id:fabifuten:20200212081947j:plain

 

改めて見直すと、結構な量。

さらに品数が多い。

よくこれだけのものを持って帰れたと感心する。

さぞかし重たかっただろう。

 

そして、作ったカミさんも大変。

ご苦労様でした。

昨夜は、その切り干し大根と鯛めし、そして、マトウダイの鍋が晩ご飯だった。

 

ちなみに特に好評だったのが、鯛めし。

改めて娘からカミさんに「美味しかった」とメールが届いた。

刺身の残りもののアラで作ったもの。

炊飯器で炊く前に、焼いてからタイを入れたという。

この一手間が大事だとカミさんが申しております。

 

さて、娘が帰って感じる寂しさ。

今回は少し違った感じ。

今までだったら、札幌の生活、大丈夫だろうか。

心配になるところだが、今回は幸せな新婚生活中。

安心して見送れたのは、親として嬉しい限りである。

 

まだまだ、寒い日が続くようだが、札幌も雪まつりも終わった。

これから少しずつ暖かくなるだろう。

桜が咲く時は、結婚式。

春が楽しみである。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ