どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

本物の柳葉魚(ししゃも)・・冬の北海道グルメが届きました


先日、北海道からししゃもが届いた。

本物のししゃもである。

じゃぁ、偽物は何?となるけど、とりあえず高級なししゃもである。

スーパーで売っているししゃもはカラフトししゃも。

届いたシシャモは北海道だけでしか取れない。

それも取れる時期は10月から11月だけ。

それを干して出荷すると、ちょうど今時が手に入る時期となる。

我が家にはふさわしくない高級品である。

f:id:fabifuten:20191205072930j:plain

いつもはそのまま捨ててしまうパンフレットだが、今回はじっくり読んでみた。

いろいろうんちくのある言葉が並んでいる。

例えばししゃもと言う言葉・・

 

この中にはこんな風に書いてある

神様の贈り物「柳葉魚」
ししゃも(柳葉魚)伝説
飢饉でたべるものがない」途方にくれた人々は天に向かい大声で助けを求めました。天に住む神々はあわれみ、ふくろうの女神が柳の枝を杖にして過川におりたちました。女神が柳の葉と魂を一緒に過川へ流すと柳の葉はみるみる「柳葉魚(ししゃも)」にかわりアイヌの人々を飢えから救ったのです。
アイヌ語の「スス」 = 柳 「ハム」= 葉が変化して「ししゃも」という名前になりました。

 

そして、本物と偽物の違いも・・

ししゃも代用品
英名:カペリン(Capelin)
和名:カラフトししゃも
ノルウェー、アイスランド、カナダ北東岸などに分布している。青、銀色おびて川にさかのぼらないキュウリウオ科の魚。脂肪っ気がなく、柔らかな口当たりと香りがない。

 

f:id:fabifuten:20191205073235j:plain

 

さて、素人目から見たこの本物ししゃも。

まず、大きい。

そして、肉厚である。

酒のつまみという感じではなく、1匹、1匹が晩御飯のメニューになる代物である。

ということで、我が家は普通に焼いて食べるのではなく、フライにしてみた。

f:id:fabifuten:20191205073524j:plain

さて、お味は・・

うまいです。

夏の支笏湖で食べたマスのフライと同じくらい美味しい。

もうこれは普段食べているシシャモとは別物です。

そして、3匹で十分、大満足。

美味しい晩御飯となりました。

 

さて、まだまだ残るシシャモ。

正月のお客のため、冷蔵庫で大事に保管して・・

くれぐれも冷蔵庫の肥やしにならないようにしなくては。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ