どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

ハワイ3泊無料宿泊が貰えるヒルトングランドバケーションの説明会に行ってきました


おはようございます。

あまり体調の良くない朝。

なんか目もショボショボ・・

かゆいし・・

そういえば、まだ顔を洗っていないのに気がつき・・

再度、パソコンの前に座っています。

 

さて、昨日はヒルトングランドバケーションのハワイ無料宿泊券も求めてお出かけ。

ヒルトングランドバケーションとは、ハワイでヒルトンの部屋をタイムシェアで販売するところ。

我が家としては雲の上の話ですが・・

説明を聞くだけでハワイの無料宿泊券が三泊分貰えるということで。

 

冷やかし感覚で後ろめたい気持ちがあるからか、足取りは重く・・

待ち合わせのホテルのロビーに着いてもテンション上がらず。

ソファーでボケーと座っていると、目の前にアロハシャツの青年。

 

初めましてと自己紹介され、ロビーの横にあるラウンジへ。

アレェ、下調べした話では個室に通されるとか。

なんかいきなり肩透かしにあった感じで。

私としては、部屋より開放的なところで話が聞けるのでちょっと一安心。

これで決めるまで開放しないぞって噂話は消えました。

 

しばらく雑談の後、いよいよ本題のヒルトンのタイムシェアの話へ。

まずは、パソコンで動画を視聴。

その間、相手の人は電話をかけに退席。

私としては、休憩時間に突入です。

 

f:id:fabifuten:20190908083532j:plain

 

この段階で30分経過。

約束では90分の話を聞くと、無料宿泊券がもらえるとか。

しかし、話が退屈になったら途中でやめてもいいですよとのこと。

もし途中でやめた場合、宿泊券は貰えなくなるのかも。

そんなことを考えているうちに話は再開です。

 

話の流れは基本的にハワイのヒルトンの宣伝。

いかにいい場所に建物が建っているかを訴えます。

さらに部屋の中の豪華さをアピール。

ホテルとは違って、タイムシェアの部屋での生活は快適ですとのこと。

 

その話の間に時々私への質問。

世界の中でオススメの国はどこですかとのこと。

昨年、ヨーロッパを回ったことを話しているので相手は興味津々。

その他、これから行きたいところはどこかとか。

なるほど、ネットでの事前調査では誉め殺しの会話が弾むとのこと。

こんな感じで相手をいい気持ちにさせて、購入決定に近づけるようです。

 

そして、約束の時間が終わりに近づいてくると、やっと金額の提示です。

最後に値段を教えるスタイル。

もし、最初に値段を聞いていたら、その場でさようならぁとなる金額です。

お値段、スバリ300万円。

隔年に一週間使えるタイムシェアの値段がこれです。

一番お安いタイプ。

 

こりゃ、無理だわと伝えると、即座に値引き。

260万に下がりました。

いやぁ、それでも高いなぁと言うと、どれくらいの値段ならと言われ・・

スバリ100万くらいかなと伝えて、はい、交渉終了です。

 

相手はあっさりここで白旗。

意外に簡単に話が終わりました。

もっと説得されると思っていたのですがあっけない幕切れでした。

噂ではなかなか帰してくれないとのですが・・

担当者がいい人だったのか・・

それともお客として成立しない我が家の雰囲気だったのか・・

とにかく、ハワイの無料宿泊券3泊ゲットです。

 

90分間話を聞いてもらってありがとうございますとお礼を言われ、こちらの方が恐縮。

なんか冷やかしで話を聞いただけなのに、宿泊券まで頂き申し訳ない。

 

帰り道、デパ地下で買い物をした後、帰宅。

早速もらった無料宿泊券の確認です。

どこのホテルが泊まれるのかな・・

と思いきや、無料宿泊券が入った袋が見当たりません。

カミさんが持っていたはずなのですが・・

 

なんと、終わった後ホテルでトイレに。

そこで忘れてきたとのこと。

なんと・・

 

すぐホテルに確認を入れると、フロントに届いているとのこと。

一安心なのですが、もう一度ホテルへ。

いやいや、一筋縄には宿泊券手に入りませんでした。

 

さて、この3泊無料宿泊券。

ホテルのランクからいうと、一泊2万円のところ。

三泊ですから六万円のプレゼント。

できれば航空券も付いてくればいいのですが、それは流石に・・

 

すぐさまハワイ行きの航空券を検索したのですが、やっぱりハワイ。

流石のハワイといいますか、安いチケットが見つかりません。

一番安いものでも一人8万円。

ちょっとひるんでいます。

 

一文字違いのハノイなら二万円で行けるのですが・・

現在、我が家の財布と相談中。

さてさて、ハワイにたどり着けるか・・

私の気分はこんな感じ・・

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

今日もクリックありがとうございます。