どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです


プレバトを見て思うこと・・


夜は前日に録画したテレビ鑑賞。

プレバトである。

三時間ものの番組は流石に一気に見れない。

昨夜は途中でリタイア。

後半を録画しておいた。

 

この番組。

こ存じ、俳句がメイン。

わが町は俳句の里。

プレバトの選者、夏井先生もここに住んでいる。

 

そんなことから、私の周りにも俳句を読む人は多い。

しかし、残念ながら、私は詠まない。

というより、詠めない。

 

昔から誘われることも多い。

カミさんも詠んでみればというが、なかなかこの歳になってからは遅い。

しかし、心のどこかでは詠んでみたい気持ちもある。

 

俳句は詠まないが、読むのは好きである。

そんなこともあり、このプレバトは欠かせない番組である。

毎週楽しみにしている。

 

この季節、春の光に溢れる季節。

桜を見ながら、一句。

そんな生活にも憧れる。

この歳になってから、始める俳句もいいかと思う。

今日はなぜか、このプレバトを見ていてそう思った。

 

60も過ぎると、何か手軽にやれる趣味があるといい。

そんなところから、俳句はうってつけである。

病気をして、胸の筋肉が切り取られた。

肺も切り取られ、早く歩くことはできない。

趣味であった写真撮影も遠のいてしまった。

せいぜいスマホで写真を撮るのが精一杯。

その点、言葉で風景を切り取る俳句は楽しそうである。

 

ちょっと、初めてみようか・・

そんな気持ちになる季節である。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

今日もひと押し、お願いします