どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです


夜、水を多く飲んでいると、体調がいいようだ


今日の写真は松山城の梅の花から・・

 

f:id:fabifuten:20190130134530j:plain

 

朝から、日差しが眩しい。

気温は低いが、太陽の暖かさがありがたい朝である。

別に変わったことのない朝。

そんな朝がなぜか嬉しい。

 

朝ごはんはいつものように、食パンとコーンスープ、そして目玉焼きとサラダ。

代わり映えしないが、それがいい。

毎日繰り返される、平和な朝。

そんなことに感謝したくなる明るい朝である。

 

昨日は、ウォーキングマシンで歩いた後、もう少し外を歩きたくなった。

そのため、近所の川端を歩いてみた。

日陰のところは寒いが、日向は暖かい。

川の流れもキラキラ輝いていて、春が近いのを感じさせてくれる。

体がもっと弱っているのかと思っていたら、ほぼ入院前の体力まで戻っていた。

普通に生活していれば、体力は回復するものである。

食欲があるのもよかったようだ。

 

今日はもう少し外を歩く距離を増やしてみようと思う。

来週の月曜はまた通院である。

次回は歩いて病院まで行ってみるつもりである。

そのためには、もう少し歩けるようにならないといけない。

少しずつ歩く距離を増やしていこうと思う。

 

退院してからの体調だが、順調に回復している。

今回の入院で感じたことだが、水分補給は大事だということ。

秋口からの入院の理由は全て呼吸困難。

夜、痰が絡んで呼吸が苦しくなった。

そのため、酸欠状態となり入院となっている。

 

いろいろ理由があるが、要は痰が切れないということである。

そのため、痰が切れやすくなるように、水分を夜中もとるようにしている。

夜中に目覚めるたびに、水を飲んでいる。

これがいいようである。

今までも飲んではいたのだが、量は少なかった。

 

夏場など、暑い時期は水分をよくとる。

しかし、寒くなるとついつい水気を取らなくなる。

健康な時ならそれでもいいのだろうが、体調の悪い時は意識的に水分をとるようにしないといけない。

特に夜はおろそかになっていた。

そのために、枕元にペットボトルを置くようにした。

 

500mlを二本。

日によっては、夜の間に飲みきってしまう。

合計、1リットルである。

これが多いか少ないか・・

人によると思うが、私の場合これくらい飲むほうが痰の切れがいい。

おかげで、朝スッキリ目覚めることができている。

 

テレビではインフルエンザの話で持ちきりである。

色々予防のためにしないといけないことが多い。

でも、体調管理が一番大事。

食事と睡眠を大切にすることにしよう。

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

今日もひと押しお願いします。