どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

太陽の光を浴びることで、体の生気が戻って来たようだ


家で朝を迎えている。

やはり、家はいい。

気分的に全然違う朝である。

何と言っても、明るいのがいい。

 

今回の病院のベットは4人部屋の通路側。

ベットから外の風景が全く見えなかった。

そのため、明かりといえば通路から差しむ廊下の明かりだけ。

ずっと薄暗い中での生活であった。

 

ベットの周りはカーテンで仕切られている。

そのため、さらにベットの上は暗くなる。

唯一の明かりは頭もとにある電球。

それをつけてもうす暗い生活であった。

 

どれくらい暗いかというと、食事の時、おかずが何か分からないくらい暗い。

食べるときはベット周りのカーテンを開けて食べていた。

一度は、魚かと思って食べたものが豚肉でびっくりしたりして・・

今回の入院は暗さとの戦いだったかもしれない。

 

冬場なので、窓から差し込む光自体が少ない。

さらに、その窓もブラインドが下ろされている。

ベットの上で寝るにはその方がいいのだが、一日中寝ているわけではない。

やはり、昼間は太陽の光が欲しい。

 

入院中は、時々、談話室に太陽の光を求めて歩いて行った。

しかし、そこにはあまり長居はできなかった。

 

その談話室は体が動かなくなった人とのためのレクリエーションの場所と使われる時間が長い。

午前と午後、各々二時間ほどそれが行われる。

そのため、その時間帯は使えない。

 

そして、同じ階にリハビリの施設がある。

そこに通ってきた患者の待合室にこの談話室がなっている。

 

外は寒い。

一度、暖かい病院内に入ると、なかなか外に出るのは億劫なのだろう。

リハビリに来た人が、しばらくそこで知り合いと色々話して帰っている。

そのために席が埋まっていることが多かった。

 

季節のいい時期ならば、外のテラスに出て太陽の光を浴びることもできる。

しかし、この季節、流石に外に長くいるわけにはいかない。

せいぜい数分が限界である。

 

今回の入院ほど陽の光が恋しいことはなかった。

 

家で帰って来て、何が一番嬉しいか。

それは朝、太陽の光が差し込むことである。

朝だけでなく、昼間も太陽が光が部屋に差し込んでくれる。

当たり前のことだが、これが一番嬉しいことである。

 

長く暗いところで生活していたので、軽い鬱状態になったのかもしれない。

食欲も落ちていた。

家に帰ってから、徐々に食欲が回復して来ている。

 

退院前に体重を測ると、入院時に比べ3キロほど減っていた。

それだけ食べていなかったようだ。

そのためもあるのか、体に元気が出なかった。

 

さて、これからどんどん食べて元気にならねば・・

太陽の光も浴びて、気持ちも明るく・・

頑張ろう٩( 'ω' )و

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ 

今日もひと押しお願いします。