どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです


【おすすめ】ファインレボのベット生活にしたおかげで熟睡できるようになった



ベットが届いてから、5日目である。

おかげで快適な睡眠ができるようになった。

寝るところが変わるとこんなに違うものだと、びっくりしている。

 

長年、布団で寝てきた。

カミさんが布団の上げ下ろしが大変だということで、ベット生活になった。

私は畳の上で寝るのが好きなので、今までベット生活を拒否してきた。

いざ今回ベットにしてみると、もっと前からベット生活にしておけばよかったと後悔している。

 

年寄りはベット生活がいいと聞いた。

寝起きが楽であるからである。

布団から起き上がるのと、ベットから起き上がるのではかなり体力面で違いがある。

腰が悪くなったりすると、ベット生活に変わる人が多いと聞く。

確かに、ベット生活は楽である。

 

しかし、それ以上に違うのは睡眠の深さである。

ベットに変えてからよく眠れるようになった。

今までだと、夜中に何回も起きていた。

しかし、ベット生活になってからは夜中に起きるのは一度くらいである。

これはトイレに行きたくなるので、ベット云々は関係ない。

老人性ハルンケア体質だから仕方ないことだある。

 

それ以外は熟睡している。

 

どうしてベットだと熟睡できるのか・・

やはり体が楽である。

布団だと、長く寝ていると体が痛くなる。

マットレスのいいのを敷いていれば違うのかもしれないが・・

とにかく目覚めがいいのである。

 

今までだと、起きると体のどこかが痛かった。

時には手がしびれている時もあった。

それがないのである。

多分、体がうまくマットレスに沈み込んでいるのであろう。

それとも、寝返りがスムーズにできているためか・・

色々考えられるが、とにかく楽なのである。

 

今回選んだベットのマットレス。

マットレスには気を使った。

旅行先でいろいろなベットに寝た。

やはり、いいベットは違った。

安いホテルだと、残念ながら、ベットはそれなりのもの。

目覚めは悪い。

体のあちこちが痛いのだ。

それが、いいホテルのベットだと気持ちのいい睡眠が手に入った。

シモンズベットなどは典型的である。

睡眠はお値段次第・・

まさに、お金を出すといい睡眠が手に入った。

 

若い時なら、少々の寝心地など関係ない。

しかし、歳をとってくると、ゆっくり寝たいものである。

 

今回のベット購入。

正解であった。

さらに、マットレスにこだわったのもよかった。

 

トヨタ系列のアイシンというところが作っているファインレボのマットレス。

これはおすすめできる。

スプリング独特のゴツゴツ感がないのである。

まさにウレタンマットレスとコイルスプリングのいいとこ取りのマットレスである。

 

マットレス選びで悩まれている方いらっしゃったら、

ぜひ家具屋さんでファインレボマットレスを体験してみることをおすすめしたい。

 

ファインレボの説明はこちらに書いています。

関連記事>>>>ベッドの買い替え予算・・マットレスの選び方が一番重要です -

 

 ではでは、また・・

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ 

今日もひと押しお願いします(_ _).。