どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです


テレビのドラマは見逃しサイトではなく毎週録画で見るのがいい



最近、テレビの見方が変わった。

リアルタイムで見ることが少ない。

途中、CMがうっとおしいからである。

なぜかCMになると、音量が上がる。

あれは作為的なものだろうか・・

むしろ、お客を逃していると思うのだが。

こう感じるのは私だけなのだろうか・・

そのため、一度ビデオで録画してから見ている。

 

昨夜は楽しみな「下町ロケット」があった。

しかし、まだ見ていない。

今夜の夕食時に見る予定だ。

 

そして、今日の「スーツ」は録画して明日見ることとなる。

一日遅れのテレビ番組鑑賞。

慣れるとむしろ楽にテレビを見ることができる。

これは、入院中リアルタイムで見れなかったおかげでもある。

 

見逃しサイトも便利

リアルタイムで観ないとなると、最近は見逃しサイトがある。

以前はここを使って観ていた。

便利である。

ただ、欠点は一週間以内に見ないといけない。

忙しいと、つい本当に見逃しとなってしまう。

面倒でも、ビデオで毎週録画が一番私にあっている。

 

見逃しサイトのいいところは・・

何を毎週録画にしようか考える時に便利である。

一気に概略がわかる。

特にシリーズが始まる時に便利である。

 

昨夜はストックしていた番組がなくなった。

そのためDVDを久しぶりに見た。

「ローマの休日」である。

この夏の旅行から帰って初めて見た「ローマの休日」

この映画は何回見ても飽きないのだが、昨夜、特に感慨深かった。

 

今まで気づかなかったところも多かった。

今頃になって、髪を切ったところがトレビの泉の近くだと知った。

ちょうど、ジェラートを食べたところだ。

何回も見ているのに・・

 

それにしても、この夏のトレビの泉の混雑はすごかった。

30年前に行ったローマの比ではなかった。

むしろ、映画の時代の方がその時の雰囲気的に近く感じた。

 

そんな楽しい映画鑑賞だった。

 

数日前も、NHKの「世界ふれあい街歩き」があった。

再放送のミラノのものである。

これもビデオにとっておいた。

 

ミラノのマイナーな運河地帯を知ったのもこの番組であった。

そして、「最後の晩餐」の前にある文房具店の爺さんを知ったのもこの番組である。

この録画したものを爺さんのポートレートとともに送ってあげたいくらいである。

住所がわからないだろうか・・

 

もう一度ミラノの番組を見ると、他にも訪れたい地区があった。

行く前に番組をもっとよく見て予習しておくべきだった。

 

さて、少しずつ進んでいる旅行記。

イタリアは終わり、現在の舞台はハンガリー、ブダペストに移った。

おヒマな時に覗いてやってください。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ 

今日もひと押しお願いします。