どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです


どうも、隣のジイさん、退院したくないのかも・・



今朝も四時頃から起きている。

というより、起こされている。

まぁ、原因はいつもの隣のジイさんだが・・

 

昨日より、ジイさん、ご機嫌斜めである。

理由は主治医が自分を訪ねてくる回数が少ないとのこと・・

ちゃんとじっくり患者の話を聞いて診断しろという。

確かにごもっともなことである。

検査ばかりして、診察時間が少なすぎると文句を垂れている。

 

しかし、私からすると、普通の対応のように見えるが・・

今いる病院は完全介護で、全てのことまで病院のスタッフが行ってくれる。

仕事が色々と分担されていて、その連携のもとで治療が進んでいる。

患者はベットの上に寝ていればいいだけで、非常に楽である。

 

患者の病状や話はすぐに医者に届く。

緊急の場合だと、夜中にも医者まで届く。

もうすぐ私も一時外泊で家に帰るが、その時は一晩何があってもいいように、病院に主治医は常駐してくれる。

私からするといい病院に見えるのだが・・

 

が、隣のジイさんからすると気にくわないらしい。

 

十分に一回はナースコールを押して・・

カーテン開けろ・・

毛布をずらせ・・

ベットの角度を変えろ・・

リップクレームを塗れ・・

点滴は落ちているか・・

 

などなど、よく思いつくなという用事を言いつけている。

その度に、ナースセンターからやって来て、応対するのだが、それだけでは終わらない。

しばらく、愚痴を聞かないといけない。

 

まぁ、とにかく自己中心的に生きているじいさんである。

 

最近、ちょっと病院側も困っている。

 

リハビリを受け入れないのである。

疲れるからと、拒否する。

それではいつまでもベットの上である。

もう、外科なので症状はよくなっいる。

後は、体調管理だけなのだが、それが進まない。

 

リハビリどころか、ベットの上のちょっとしたことでもナースコールだから体も動くわけない。

そもそも、このジイさん、早く退院したいという意思はない。

退院は正月くらいかなと、話しているのを聞いたことがある。

できれば、この極楽のような生活を長く続けたいのかもしれない。

 

ナースコールで全てを済ますことができる生活。

ジイさん、そんなに甘くないよ・・

 

病院側も家族にリハビリ病院へ移るよう伝えている。

これが、さらにご機嫌を損ねたようである。

 

お歳は87才。

今まで好き放題に生きて来たようだ・・

ちなみに職業は元中学教員とのこと。

 

昔の先生は・・・・先生と言われたそうだが・・

ここにも、・・・・先生の成れの果てを見ています。

 

 朝早くから起きているので、腹が減った・・

バナーは昨日の朝ごはん。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

ひと押し、よろしくですm(_ _)m