どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです


サケのイクラとマスのイクラの違い、分かりますか?



秋の味覚といえば・・

秋刀魚、栗、松茸などが挙げられますが、我が家ではイクラです。

毎年、この時期になると北海道から送られてきます。

筋子から作られた自家製のイクラ。

当然、味付けも自家製です。

 

こちら四国で食べると目が飛び出るくらいの値段がします。

北海道では安く買えるとか・・

しかし、最近、鮭の取れる量が少なくなって高くなっていると聞きます。

今年も去年ほどではないですが、やはり不漁とか。

お値段が高くなっています。

 

このままで行くと、将来、松茸のように高級食材になるかもしれません。

食べれるうちに食べておかないと・・

それどころか、鮭自体も値上がりしています。

徐々にマグロに近い値段になるのも近いかも・・

 

f:id:fabifuten:20180928141232j:plain

 

さて、今年、我が家にやってきたイクラ、少し違うようです。

分かりますでしようか・・

私はわからなかったのですが、カミさんは分かるとのこと。

イクラの粒が小さいとのこと。

さらに食べると、味の深みがないとのこと。

私には区別がつきません。

 

このイクラ、サケの卵ではなく、マスの卵とのこと。

小さいのはそのため。

 

と言われても、サケとマスの違いは・・

調べても、よく分かりません。

生物学的にみても同じとのことです。

 

まぁ、昔からの慣習というか、しきたりというか、なんとなく決まっているようです。

昔、川にいるのがマスで、海に下るのがサケと教えられましたが、それも違うようです。

 

とにかく同じ・・

これが結論のようです。

 

ということで、我が家のイクラも同じということで・・

美味しく頂いております。

 

↓ ↓よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

今日もクリックありがとうございます

もよろしくお願いします。