どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

ヘルスメーターの機能が進化していた



10年前に買ったヘルスメーターが壊れたので、買い換えた。

昨日買ったのに、もう届いた。

最近の通販はすごすぎる。

 

カミさん曰く・・

メーカーは色々あるが、安定のタニタを選んだという。

口コミによると、誤差が少ないらしい。

 

前と変わったのは、乗るだけで電源が入る。

びっくりした。

まぁ、今時なら当たり前の機能かもしれないが、便利である。

 

そして、もっとびっくりしたのは、乗るだけで人を区別してくれるという点である。

どうやって区別するのか、詳しく書いてあるが読む気にはならなかった。

使えればそれでよしである。

 

もっとお金を出せば、さらに機能が増えるが我が家はこれくらいで十分である。

 

 

 

 

さっそく測ってみると、体脂肪と内臓脂肪が標準よりやや過剰とのこと・・

なぜか、カミさんは嬉しそうだった。

 

ちなみにカミさんは標準値とのこと。

自慢げに言っている。

 

実は私、今まで測ることはほとんどなかった。

これからもないかもしれない。

 

測って気持ちいいのならいざ知らず、不愉快になるのだったら測る気にならない。

もう少し進化して、喜ばすような機能がついたらいいのに・・

 

カミさんも今までは測っていなかった。

しかし、旅行から帰ってから、体重を気にし始めた。

なぜか、旅行中から食欲旺盛である。

流石に心配になったらしく、測り始めた。

そして、すぐに壊れた。

 世の中うまくできているというか・・

 

ということで、今回の新しいヘルスメーターの登場である。

 

ところで、乗るだけで体脂肪を測定できるか不思議である。

 

調べてみると・・

 

人間の体は、血液など水分を多く含む組織は電気を通しやすいという。

しかし、脂肪は電気を通しにくい性質を持っている。

この違いに注目して作られたらしい。

体脂肪計は、体に電気を通したときの電気抵抗の大きさを計測し、体脂肪率を割り出している。

 

なるほど・・

 

これから食欲の秋へと向かう。

これを踏まえて、食事がどう変わるか・・

なんか、イタリアンは減りそうである。

 

  ↓ ↓よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

今日もクリックありがとうございます

もよろしくお願いします。