どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです


入院中の暇つぶしについて二年間の入院生活を振り返ってみた

最近、入院中の暇つぶしをネットで探している人がこのブログに訪れるようになった。

私のブログには、入院生活の暇つぶしというカテゴリーがある。

この項目が、検索に引っかかるようである。

一応、二年間にわたる入院生活。

人並み以上に経験値は高い。

少しは人のお役に立てたらと思い、今までの記事をまとめてみた。

 

 

 

iTune Storeからから曲を買う
 

元気な時なら、普通に思いつく暇つぶし。

しかし、病気となると意外に忘れてしまう暇つぶしである。

 そこで早速iPhoneに曲を入れてみた。
iTune Storeからである。

iTune Storeの敷居が高く感じるのであれば、アマゾンミュージックもおすすめである。

 

 

 

早速、曲を検索して買ってみた。

決済は指紋認証だけで終わった。

あまりにもあっけない買い物である。

簡単に買えるので、アルバムを三つも買ってしまった。

 

支払いは・・・

 考えないことにしよう・・

 

買った曲を聴いてみた。
同室の患者が耳の遠い90の爺さんと二人だったので、そのままIPhoneから小さな音で流した。

ガラッと病室の雰囲気が明るくなった。

爺さんのつぶやきも気にならなくなった。

音楽の力は素晴らしい。

 

夜になって、カミさんからイアフォンを借りた。
技術の進歩にびっくりした。

一昔前のヘッドフォンをはるかに上回る音質である。

と言うより、下手なスピーカーすら上回る。

こりゃ、若者がずっとイアフォンをつけているのがわかる。

今日は、私用のイアフォンが届く。

カミさんが買ってきてくれる。

予算は2千円。

この値段で十分だという。

 

ドラゴンクエスト スーパーライト ドラクエ

テレビでドラゴンクエスト スーパーライトの宣伝をしていたのでIPhoneに入れてみた。

 

f:id:fabifuten:20180915105216j:plain

 

当然タダである。

タダなのによくできている。

四日間ほど続けているが飽きない。

飽きないどころかはまっている自分を感じる。

ドラクエはファミコン時代、よく楽しんだソフトである。

それがお金を出さなくても楽しめる時代になっている。

スーパーライト以外はお金を払わないといけないが、私にはこれで十分である。

 

 

ゴルフの松山君を応援する


テレビ放送もないので、ネットで試合を追っかけていた。

PGAの観戦サービスはよくできている。

一打一打を地図の上に示してくれる。

打った距離も、残っている距離も、さらにグリーンの傾斜まで乗せてくれる。

このサービスがリアルタイムで届く。

さすがアメリカというところである。

日本も豊かになったが、まだまだアメリカには追いつけないと実感するところである。

 

f:id:fabifuten:20180915105258j:plain

 

このアメリカからのゴルフ中継。

だいたい日本時間の夜中が多い。

眠れない時など、目がさめるたびにチェックをして楽しめる。

みなさん、愛媛出身の松山くんの応援よろしくです。

 

 

スマホに旅行アプリを入れる


スマホに新しいアプリを入れてみた。

一つは有名なインスタグラムである。

しかし、使い方がわからないので、2枚ほど写真を入れてやめた。

 

次に、ホテルチェーンのアプリを入れてみた。

インターコンチのIHG、シェラトンのspg、ヒルトン、そして、ハイアットのアプリである。

 

f:id:fabifuten:20180915105321j:plain

 

これは楽しめた。

行きたいところの都市名を入れると、そこにあるホテルが見つかる。

ホテルの地図、宿泊代やその他いろいろな設備がコンパクトにまとめられている。

キャンペーンなどで、安い値段で泊まれるところも見つかる。

一つの場所を複数のアプリで比較すると、そのホテルチェーンの強いところ、弱いところが見つかったりする。

これは旅行の際、使えそうである。

 

ホテルの予約サイトを使うと、たくさんのホテルが出てきて迷ってしまう。

その点、これらを使うといいホテルだけが絞られて出てくる。

当然、予約までアプリでこなすことができる。

さらに、アプリで部屋指定までできるものがある。

そして、究極はアプリ自体がホテルキーになるところもある。

フロントを通らなくて、直接部屋まで行って泊まれるシステムである。

便利グッズである。

便利なだけでなく、見ているだけで泊まった気持ちにさせてくれる夢のアプリでもある。

 

シムシティで遊ぶ


昔やっていたゲームである。

当然、無課金でやっている。

なかなか進まない。

でも、ソコソコの街まで成長した。

 

f:id:fabifuten:20180915105337j:plain

 

自分が市長になって、住民の要望を聞きながら、都市を作っていくゲームである。

なかなか住民の要望が厳しい。

 

下水が詰まっている・・

下水処理場を作る・・

こんな近くに処理場があったら、臭い・・

 

よくできたゲームである。

住民の要望にムカつくときもある。

今は学校を建てろとうるさい。

でも金がない。

無課金でやっているものの辛さである。

金を使わせようとあの手この手で要求してくる。

課金してしまう人の気持ちがよくわかる。

 

 

時間がたっぷりある入院生活。

無課金でのんびりゲームを進めるのがコツである。

 

テレビをみる


テレビは夜9時からが面白い。

昼間は寝ていて、この頃からテレビを見始める人もいる。

暗闇の中、テレビの光がネオンサインのようにきらめく。

 

イヤフォンで見ているので静かである。

光だけがまたたく。

結構光の強弱が強い。

部屋を明るくしてテレビを見ましょうというテロップが流れる時があるが、確かに部屋を明るくしておかないと目に悪そうである。

 

番組によって、光の強弱が違うようである。

コマーシャルになると、光の点滅が早くなる。

これで頭が刺激されているのだろうか。

番組中より早いようである。

 

また、民放よりNHKの方が光の強弱は少ないようである。

コマーシャルが入らないためかもしれないが・・

番組自体、落ち着いて見ることができる。

最近、民放よりNHKを見ることが多いのは、そのせいかも知れない。

民放は長く見ていると疲れる。

 

光だけでなく、音も民放は賑やかである。

なぜかコマーシャルになると音が大きくなるのは私の気のせいだろうか。

民放の宿命なのかもしれないが、コマーシャル中心になってきているように思える。

 

テレビは病人の大切な娯楽である。

落ち着いた雰囲気の番組が増えるといいのだが・・

 

例えば、昨日放送された、BSNHKで草刈正雄の出ていた美の壺はよかった。

避暑地のホテルの紹介だが、ジョンレノンも登場して見ごたえがあった。

まるで、ホテルに滞在しているようなまったり感が漂っていた。

こんな番組が多いと、楽しい夜が過ごせるのだが・・

 

ネットでいろいろ旅行記を読む 


よくパソコンをしすぎると眠れなくなるということを聞く。

しかし、私の場合は逆のようである。

まぁ時間的にいうと大した時間を使っているわけではない。

数時間、パソコンの前に座っているくらいである。

 

入院すると、眼が疲れるのでパソコンを見る時間が減る。

減っているというより、ブログを書くときくらいしかパソコンに向かうことがなかった。

久しぶりにパソコンを使うと眼だけでなく頭も疲れたようである。

それも楽しいことで頭が疲れたようである。

おかけで熟睡できるようになる。

 

ゴルフネットワークに加入する


パソコンでゴルフ中継がみえる。

テレビでは夜中にしか映らないので、あまり体によろしくない。

ならば、以前加入していたことのあるゴルフネットワークを申し込んだ。

テレビと同じようにパソコンで見える。

 「全米オープンはネットではリアルタイムでは見えない」との案内が流れる時もある。

 

しかし、こんな時はAbemaの方で無料配信をしてくれたりする。

こちらはゴルフ以外にも、将棋のリアルタイムなどあって、要チェックである。

 

radikoというスマホでラジオを聞けるアプリ


radiko自体は昔使ったことがあったのだが、それほど面白くもなく使わなくなった。

しかし、このアプリには意外な使い方があるのを知った。

 

なんと、過去一週間分の番組が聞けると機能があるという。

早速、使ってみた。

まず聞いたのは、学生自体よく聞いたオールナイトニッポン。

早寝早起きの今の私の生活ではまず聞くことのできない番組である。

土曜日にはオードリーが担当している。

 

これは面白い。

テレビのお笑い番組など比ではない。

2時間ずっと笑い続けていた。

 

さらに番組表を見ていると、亀渕昭信のお宝POPSというのを見つけた。

知る人ぞ知る、カメカメエブリバディのカメちゃんである。

私の学生時代のオールナイトニッポンのパーソナリティ。

まだ、現役であった。

 

彼は一度ニッポン放送の社長をやっていた。

例のライブドア買収事件の時である。

へぇ、彼も偉くなったんだなぁと思った記憶がある。

その後事件が落ち着き、退職した。

その彼がなんとまた復活していた。

年はもう七十を超えているはずである。

 

聞くと昔と同じ語り口。

流している曲も私の学生時代の洋楽もの。

いやいや懐かしさで、涙出まくりです。

 

いいものに出会ったものです。

まだ、スマホを持っていて、このアプリを使ってない方、是非、是非です。

オススメです。

また、バソコンでも使えます。

 

これからの生き方を考えてみる 


退院しても無職である。

まだ年金も出ない。

と言って、仕事をする気力もなし。

ただ、ゆるいボラティアならできるかも。

何かいいNPOなどないかと考えてみた。

 

根が野良なので、疲れることは避けたい。

胸骨までなくなったので、力仕事は無理である。

せっかく定年を迎えたので、遊ぶ時間も欲しい。

片手間でできて、好きな時に休める。

そんな都合のいいNPOなんてあるのだろうか。

なんなら、なければ自分で作ってしまおうか。

さしずめ、名前は野良老人趣味の会というところか・・

真面目に世の中のために働こうとしている人から石を投げられそうである。

 

アマゾンプライムの無料体験を始める


前々からカミさんがいいと言っていたが、実際加入してみて感激ものである。

音楽が聞き放題と聞いていた。

しかし、どうせ安い料金。

それほどの品そろえはないだろうと思っていた。

それが入会してみて、ミュージックリスト見てびっくり。

聞きたい曲が時間が足りないくらい聴けるではないか・・

今は無料だが、年会費を払っても3900円。

CD2枚分にもならないではないか。

 

いやいや、どうして今まで使わなかったんだろう。

時代の流れに乗り遅れてしまっていた。

 

ミュージックだけでなく、ビデオもたくさん見ることができる。

昨日、ざっと見回しただけでもたくさん見つけた。

これは、時間がいくらあっても見ることはできない。

もう、ツタヤに行く必要はなくなった。

 

 

 

さらに、雑誌もたくさんあるという。

こちらはまだ未チェックであるが・・

 

 
 

いかがでしたでしょうかぁ・・


入院中、書き留めていた暇つぶし。

使えるものがありましたでしょうか。

まだまだ、このブログで書いた暇つぶし拾い上げられておりませんが、このブログを読むというのも暇つぶしになると思います。

特に、最近のものではなく、二年間にわたる入院中の記事。

何かと、お役に立てるものもあるかと思います。

 

入院中、大変だと思いますが・・

頑張ってください。