どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

にやけしていますが、私は病人です



今日は通院日。

呼吸器外科、脳外科、そして眼科を受診する予定である。

長く病院に行っていなかったので、自分が病気であるのを忘れていた。

元気になったつもりでも、完治しているわけではない。

主治医からも無理をしないようにと、釘を刺されている。

そのため、旅行中も無理をしないように予定を組んでいた。

 

疲れた時は何もしないでホテルで休んでいたし・・

移動を後日に動かしたりしていた。

それでも、やはり無理をしていたようである。

 

日本に帰ってきてから、四日が経つ。

のんびりしているのだが、まだ疲れが取れない。

さらに咳が続いている。

 

そんな時、お隣から精のつく物を頂いた。

ハモである。

今、一番美味しい時期である。

ウナギ科に属するという。

海のウナギというところか。

実は愛媛県、日本で一番のハモの水揚げがある。

青春18切符で知られる下灘では、ハモ祭りなるものがある。

そこでは、ハモのじゃこ天が食べられる。

 

普段であれば、酒でも飲みながらというところであるが、飲む気にならなかった。

かなり疲れているようである。

 

さて、主治医はなんていうだろう。

見かけは元気そうである。

色は日焼けで黒い。

病人とは思えない黒さである。

 

こんな状態で、体調が悪いのですが・・とは言いにくい。

どんな風に話を切り出すか。

悩みどころである。