どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

メキシコへ、いざ出発である



 

 

朝が来ました。

旅立ちの朝である。

昨夜は興奮してか、あまりよく眠れなかった。

まぁ、飛行機の中でたっぷり寝れるからそれはそれでいいかも。

時差ボケも直さないといけないし・・

 

メキシコに着くのは、日本時間で明日の早朝。

わが町からだと、成田での乗り換え時間を入れると24時間の道のりである。

長いです・・

考えたら、ため息出そう・・

 

メキシコシティは2400メートルの高地。

空気が薄い。

そのため、肺の弱い私には少し心配である。

いきなりメキシコシティはきついので、近くのオアハカという街で少しのんびりする予定である。

ここは1500メートルの高さで、この前行ったカトマンズと同じくらいである。

 

この街は初めてではない。

三十年ほど前に訪れた。

田舎ののんびりしたいい街である。

 

その時の旅行記でこんなことを書いている。

 

ソカロに面したホテルに泊まることにした。

窓から緑の多いソカロが見渡せるいい部屋である。

ソカロでは町のオーケストラが演奏をしている。

30人くらいの楽団で、みんな楽しそうに演奏している。

それを聞きながら昼食を取る。

旅のいい所の一つに昼間からビールを飲めるということがある。

ビールを注文すると必ずどの銘柄にするか尋ねてくる。

テカテというのを頼むとレモンが一緒に出てくるので、ついこれを頼んでしまう。

食事が終わると酔ったのか眠たくなる。

部屋に戻り昼寝をすることにする。

窓の外からはオーケストラの音が聞こえてきて、まさに天国である。

ふっと、頭の中が真っ白になる。

これが無我の境地と人は言うのであろうか。

初めての経験であった。

幸せの極致である。

 

 

ここで今の体調を整えて、その後いろいろメキシコの街を回る予定である。

 

いざ出発である。

 

 

旅行詳細

futen.net