どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです


ESTAを申請すると、拒否られた

ESTA・・エスタと読む。

電子渡航認証システム(Electronic System for Travel Authorization)の略称。

要するに、アメリカに入国したいのですが、入れてもらえますか・・と事前お伺いシステムである。

アメリカに行く際にはこれを取る必要がある。

昨日の検査でとりあえずアメリカまでは行けそうなので申請してみた。

 

事務処理の苦手な私、

怠け者ともいうが・・

後々まで引き延ばす可能性があるので、早めに申請することにした。

 

電子というくらいだから、インターネットで申し込む。

申請ページで名前や生年月日、パスポート情報を入力する。

さらに、勤務先や両親の名前も教えないといけない。

無職でも、それまでに勤務したところを入力しないと行けない。

さらに、その勤務先の住所、電話番号まで必要である。

 

こんなところで危険人物かどうかをチェックするようである。

 

アメリカでの連絡先なんてのもあるが、これは、知りませ〜んで済ませられる。

 

色々、言われるがままに入力した。

さらに、同時に複数名の申請ができるということで、カミさんの申請も行った。

 

最後にカードで二人分28ドルを払う。

 

終わったと思ったら・・

 

f:id:fabifuten:20180316073107p:plain

なんと、申請は保留中と帰ってきた。

よく読むと72時間以内に返答するとある。

 

えっ、なんのこと。

普通なら即時許可なのに・・

誰が悪いんや・・

私は大丈夫だから、犯人はカミさんか・・

横にいたカミさんと言い争いになった。

 

それと、払ったお金はどうなるの・・

ダメでも取られるのだろうか・・

メールアドレスも入力したからそちらに回答でもあるのかと待ったが、返答なし。

 

調べると、申請番号を使って確認ページで各自調べよとある。

申請番号って・・・

そういえば、最終画面にそんな文字が・・

 

幸い申請画面のスクリーンシッョトは取ってあった。

もし取ってなかったらどうするのだろう・・

 

さて、それを使って確認してみると・・

 

認証  ♪( ´θ`)ノ

 

驚かすやんけ・・アメリカはん。

 

最近、入国許可のありがたみを持たせるためか、すぐに許可するのではなく、少しタイムラグを置くみたい・・

ほんまかいな・・