どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

ブログは家族と知人への連絡板でもある



昨晩も眠りの浅い夜だった。

どうも2時以降眠りが浅い。

起きては時計をみるが、30分ぐらいしか進まない。

なんとも言えない朝を迎えた。

 

しかし、このブログで、体調が悪い・・とあまり書けない。

みんなが心配するからである。

ここは、カミさんから始まり、娘、兄弟、いとこなどの身内や友人への連絡版でもある。

カミさんの友人も読んでいる。

ご近所さんも読んでるとも・・

息子たちは読まないようだが・・

 

そのため、家族からブログへのチェックも入る。

写真が多すぎる・・

人の悪口はダメ・・

この前は娘から、プレゼントのiPhoneケースの写真が良くないとダメ出しされた。

 

まぁいろいろあるが、一斉に知らせたいときは便利である。

 

入院したとなると、連絡しなくてもみんなに伝わる。

病気回復の度合いも逐次伝わる。

旅行の際の安否もブログで知らせることができる。

ただ、今回はネット環境の悪いところにも行く。

今まで通り写真を載せてとなると、ちと難しいかもしれない。

更新が止まると心配すると思うので、短い文章でも更新したいと思っている。

 

しかし、見たよという反応がわからない。

伝わったと思っていても、情報漏れもある。

 

前々から思っていることがある。

 

この にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ  誰が押したのかわかるといいのに・・

 

facebookだと、いいねを押してくれた人がわかる。

そんなシステムがあればいいと・・

まぁ、匿名で書いている人が多いブログの世界。

なかなか難しいのかもしれない。