どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

嵐山花灯路旅行・・食事には、周りの雰囲気も大事です


嵐山花灯路旅行レポート第三弾です

 

入院中、常々思っていたことは、食事をする場所のこと。

病室で食べるわけだが、いろいろある。

食欲をなくす匂いも漂ってくる時もある。

一人黙々と壁に向かって食べる。

味は悪くない。

しかし、周りの雰囲気が辛い。

外の景色を見ながら食べれる食堂でもあればいいなと、思っていた。

 

旅行の楽しみの一つに食事がある。

今回の旅行でもしっかりリサーチを済ませて出発した。

調べる係りはカミさんである。

 

予定では、初日の昼ごはんはネギ焼であった。

が、なんと目当ての店は月曜閉店。

急遽、第二候補へ。

 

目指すは嵐山よしむら。

蕎麦屋さんである。

四国に住んでいると、なかなか美味しい蕎麦に出会えない。

基本的にうどん文化だから・・

 

店に入ると、二階に通された。

一番奥のカウンター。

この場所、最高です。

渡月橋を眺めながらの食事。

贅沢な空間です。

 

で、頼んだものは・・・

カミさんは、嵐山膳。

そばの実サラダとざるそばのセットです。

 

f:id:fabifuten:20171215062056j:plain

 

私は、渡月膳。

とろろそばとざるそば、さらに天丼もついてます。

 

f:id:fabifuten:20171215062114j:plain

 

美味しいです。

美しい景色を見ながら、美味しいものを食べる。

幸せです。

 

食べ終わった後のそば湯もすごい。

とろとろのそば湯です。

これだけでも、結構腹にたまります。

 

2日目の昼の予定は、うなぎの有名店で・・

 

が、ホテルの朝ごはんが美味しすぎて食べすぎ・・

うなぎやという気分になりません。

軽く蕎麦でもということで、土産物屋の二階へ。

 

この場所がまた当たりでした。

ここも渡月橋を見ながら食事ができます。

そして、頼んだものは・・

私はうなぎを捨て切れませんでした。

うな重とざるそばのセットです。

 

f:id:fabifuten:20171215063306j:plain

カミさんは軽く、天ぷら蕎麦を食べてました。

 

で、ついてきた朧豆腐。

塩で食べるとか・・

オシャレだけど、私は醤油で食べたかった。

最近、塩ブームですから、仕方いないか・・

なんでも、塩がいいとは思わないのですが・・

まぁ、観光地、オシャレを演出しなくてはね。

 

その後、食後のコーヒーを飲みに移動です。

行った店は、アラビカ京都嵐山。

世界チャンピオンに輝いたバリスタが入れるコーヒーが売りです。

写真で背中を向けている男性がそうです。

 

旅行中なんども前を通ったのですが、いつもすごい行列。

そして、並んでいるのは若い女性ばかり。

ここもいい場所にあります。

 

f:id:fabifuten:20171215064102j:plain

 

店内は混んでいます。

みなさん、外で飲んでます。

渡月橋をバックに、%のロゴの入った写真がインスタで人気だとか・・

 

私は、ホテルに戻り、ロビーでいただきました。

 

f:id:fabifuten:20171215070829j:plain

 

うまいです。

さすがです。

並んでも飲む価値ありますね。

さすが世界チャンピオン。

素晴らしい。