どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです


入院が長くなると、家が恋しくなります

今朝は、隣の爺さんが尿瓶に用をたす音で目覚めた。

ふと、ベットのテーブルの上をみると紙コップが・・

これから、これでお茶を飲みなさいということか・・

検尿ということで、夜中に看護婦さんが置いていったようである。

 

今回の入院は短いと思ったら、もう二週間になった。

入院生活にもかなり飽きてきた。

病院食にも飽きたので、先日から、ちゃんぽん、そしてビーフカレーとコンピニから調達している。

やはり、シャバの飯はうまい。

ただ、味付けが病院食になれたためか、味が濃く感じる。

そのため、量が食べれない。

頭ではもっとと思うのだが、体がついていかない。

じれったい体である。

 

さて、今日も検査である。

結果が良ければ、管が外れるかもしれない。

連休中に主治医が顔を見せた。

私の場合は肺ガンより難しいのだと力説していた。

肺ガンなんて、切れば終わりだからね・・という。

なんか褒められたような・・けなされたような・・

微妙な感じであった。

 

さて、今日から身軽になれるのだろうか・・

そろそろ家に帰りたいのだが・・

夜な夜な、家が恋しくて泣いています・・