どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

入院中の息抜きには家に帰る外泊が一番です


 

昨晩から、外泊で病院から離れて、今朝は自宅にいます。 

夜ご飯、朝食と美味しいものを食べさせてもらっています。

夜は海鮮丼。

愛媛県は魚が豊富なところですから、安く刺身が手に入ります。

 

f:id:fabifuten:20161203084527p:plain

 

朝は、あさりの味噌汁。

味噌汁の中でいちばん好きな具です。

 

f:id:fabifuten:20161203084427p:plain

 

入院生活が長くなると、家で食べている時がいちばん幸せです。

期待に応えて、いいものを出してくれるカミさんに感謝です。

子供達も私が帰ってくると、食事の内容が良くなると喜んでいます。

昼は、札幌ラーメンの予定。

 

昨日の朝は、少し匂い付きの朝であった。

 

夜、病室でトラブルがあった。

ICU帰りの人の容態が芳しくない。

前日は看護婦さんを呼んで、「今、誰か線香を焚いているだろう」と訴えていた。

ICUにいた人がかかる幻想が出ているようである。

 

私も同じような経験がある。

私の場合は、もっとひどかった。

黄色い煙が病室に漂ってきた。

壁に文字が浮かび上がった。

なぜか、その文字が相撲力士の名札であった。

さらに、壁には地図が浮かび上がった。

徳島を流れる吉野川流域の地図であったのを思い出す。

カミさんにこれが見えないのかと何度も確かめた。

体調が良くなるにつれ、幻想も消えた。

 

その幻想のためか、昨晩、隣の住人が吐いた。

量は多かったようで、夜勤の人が総出で病室の床などを掃除した。

その匂いがまだ残っている。

 

前日より、新しい住人が入り、病室はまた満床になっている。

礼儀正しい爺さんである。

丁寧に挨拶された。

久々の歓迎できる爺さんである。

しばらくして、ベットの上でゴソゴソしたと思ったら、う○この匂いが部屋に蔓延した。

オムツの中に漏らしたようである。

入院したばかりで勝手がわからないうちに、もよおしてしまったようである。

この匂いも病室に漂っている。

 

音がうるさいのは、イアフォンを使って曲を聴くので紛らせることができる。

匂いは・・・

これを紛らわせるいい方法は見つからない。

逃げるが恥・・いや、逃げるが勝ち・・

これしかない。

 

匂いが消えるまで、病室から少し離れたかった。

これが、昨夜から外泊している理由でもある。

いい匂いのコーヒーを飲みながら、思う昼下がりである。

 

f:id:fabifuten:20161203084100p:plain

 

そろそろ病室に帰らない時間が近づいてきた。

また修行の時間が始まります。

 

病院に帰ってみると、四人満室だった病室が二人になっていた。

つぶやき爺さんが退院して、そして、体調の悪かった人が部屋を移動していた。

残りはう○この爺さんだけである。

でも、あれからは漏らすことなくトイレにいけているようである。

ただ、昨晩、ご飯にウニをのせて食べた時、変な想像をしてしまい、味は微妙であった。

 

f:id:fabifuten:20161204073808p:plain

 

昨夜はこのウニ飯だけでなく、かき鍋、タコと北海道から送ってもらった食材を堪能させてもらった。

 

f:id:fabifuten:20161204074248p:plain

f:id:fabifuten:20161204074334p:plain

 

私のためにと、カミさんの友人が送ってくれたものである。

みなさんに支えられて、幸せ者の私である。