どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

入院して思うこと・・長生きのコツは、よく喋ることである


寒い朝である。

こんな朝はカフェラテに限る。

しかし、カフェラテのスティクは品切れである。

諦めきれないので、コンビニでカフェラテを買ってきた。

前回は、貧乏性を出して砂糖を入れてしまったが、今日は入れなかった。

ミルクが入って、ちょうどいい甘さである。

 

 

f:id:fabifuten:20161124075021p:plain

 

買う時に間違って、サイズをMと言ってしまった。

小さい奴はRであった。

この会話を聞いていた前の客は間違って、RのところをLを押して容器からコーヒーが溢れさせていた。

心の中で私を笑っていたからであろう。

 

昨日から新しい住人がまた増えた。

今度は91歳の爺さんである。

体力的にはまだ70歳だと医者が感心していた。

ただ、頭の方は年相応で、いいボケ味を出している。

朝からボケを振りまいている。

 

起きてすぐ血液検査の採血を受けていた。

しかし、爺さんはずっと血圧の話を看護婦さんにしている。

話がかみ合わない。

医者が血圧の薬を取り上げたと文句を言っていた。

入院中は医者が飲む薬を決めることを知らないようである。

 

そのあと、寒い、寒いと言い出した。

寝る前は、暑い、暑いとずっとぼやいていた。

そして、家族が必要なものを持ってこないと文句を言っている。

全て、独り言である。

 

とにかく、話したいようである。

歩くときもイチ、ニィと号令をかけて歩いている。

 

先ほど、検尿が終わったが、その容器の置き場所を探している。

説明を受けたばかりなのに、もう忘れている。

どこだ、どこだとつぶやきながら、容器を持って廊下を徘徊している。

こぼさなければいいのだが・・

 

とにかく話していないといけないようである。

今もつぶやき続けている。

何か探し物をしているのだろう、どこだ、どこだと呟いている。

長生きのコツは、ずっと話し続けることかもしれない。