どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

入院-入院患者いろいろ

心を休める睡眠できていますか?

昨夜は、8時半に床に入り、先ほど7時前まで寝てました。 久々の熟睡でした。 今回入院して思ったのですが、睡眠には三つの要素がある感じです。 体を休める睡眠。 頭を休める睡眠。 心を休める睡眠。 病院では、主に体を休める睡眠が中心になります。 そして…

入院中の超ワガママなジイさんの世話は大変です

おはようございます。 いやぁ、家っていいですねぇ。 ぐっすり眠れました。 しかし、悲しいかな体は病院時間で・・ 5時頃から目覚めています。 入院している間、隣のジイさんがうるさくて・・ 朝早くから起こされていました。 今までたくさんの患者見てきま…

どうも、隣のジイさん、退院したくないのかも・・

今朝も四時頃から起きている。 というより、起こされている。 まぁ、原因はいつもの隣のジイさんだが・・ 昨日より、ジイさん、ご機嫌斜めである。 理由は主治医が自分を訪ねてくる回数が少ないとのこと・・ ちゃんとじっくり患者の話を聞いて診断しろという…

大部屋に入院した場合、快適さの度合いは同室者によって決まる

私の入院しているところは四人部屋である。 まずは、同室者の紹介。 大部屋では個人情報ただ漏れである。 自分で漏らすのだから、しょうがない。 私として、知りたくもないのだが・・ 一番の年長者は93才。 一昨夜、一晩中痛みで苦しんだ爺さんである。 その…

人生いろいろ、患者もいろいろ

昨日、一週間前に退院した爺さんが戻ってきた。 夜中に徘徊をして、家族に引き取ってもらった爺さんである。 また、痛みが強くなったということで戻ってきた。 家庭では娘さんが世話をしていたようである。 歳はもう90は超えているだろう。 家での看護には限…

「楽する」と「楽しい」とは違う

今朝は優しい女性の声で起こされた。 薬の時間ですよ・・ いつも5時に起きているが、二度寝してしまったようである。 久しぶりの女性の声での目覚め・・ たまには、いいものである。 まぁ、起こされなくても5時半に隣の爺さんの目覚ましがなる。 でも、かな…

入院生活は結構忙しい

ちょっとだけいい感じの朝である。 よく眠れたようである。 昨夜、ビフカツサンドをコンビニで買って食べたのがよかったのかも・・ 映画「ラストレシピ」とのコラボに惹かれて買ってしまった。 いいお値段だったが、食べ応えは十分。 いつも食べるカツサンド…

突然、認知症はやってくる

夜中、車椅子の爺さんが叫び始めた。 おーい、おーい。 便所に行きたい・・ そして、カーテンが開き、人の気配が無くなった。 しばらくして遠くから、誰かいるかぁーという声が聞こえた。 20分後くらいして、車椅子に乗せられて戻ってきた。 どうも、爺さん…

入院するとノイズキャンセラーのイヤフォンが欲しくなる

今、5時に起きないといけない。 抗生剤を飲むためである。 目覚ましをかけなくても、自然に目が覚める。 悲しい習性である。 ただ、今朝は昨夜遅くまで点滴をしていたので寝不足であった。 薬を飲んだ後、二度寝した。 しかし、5時半に例の爺さんの目覚まし…

リハビリでは生きようという力と歩くことが大事である

11月になった。 まさか、ここまで入院しているとは・・ 昨夜はハロウィンということで、ミートローフとかぼちゃプリンが出た。 そういえば、昨年のクリスマスにもミートローフが出たような・・ 二年連続でクリスマスを病院で過ごしたくない。 そんな気持ち…

入院中、甘やかした体はすぐには元に戻らない

気だるい朝である。 寝不足のせいか、目があかない。 風邪も引いたようである。 昨日から鼻水が止まらない。 声の大きな爺さんが退院して、入れ替わりにすぐ別の爺さんが入院した。 症状は軽いようである。 ただ、血圧が高くなっているので、トイレに歩いて…

肺がんで入院しているのに、タバコがやめられない年寄り

今日も5時半起き。 いつもの目覚ましである。 珍しく隣の爺さんは反応した。 しかし、止め方がわからないようで、布団に押し込んで、また寝た。 低周波の目覚ましの音が10分間鳴り響いた。 声の大きい爺さんは相変わらず大きなため息をつく。 夜中も同じ音量…

入院している爺さん同士のバトルが始まるかも

5時半に起こされた。 隣の爺さんの目覚ましである。 手術の前と音を変えたようである。 さらにボリュームも上げている。 が、起きる気配なし。 いびきだけが聞こえてくる。 バカ目覚ましとつぶやいてみた。 すると、新しく入った隣の爺さんが反応した。 目覚…

歳をとると、退院したくない人もいるようで・・

今日も6時の電気点灯で起床である。 隣の爺さんは相変わらずいびき状態。 夜中に睡眠薬もらってたから、しばらくは起きないだろう。 でも、携帯の目覚まし設定を変えれたのはでかした。 もう、5時半に起こされることはないだろう。 爺さん、病気は治ったよう…

大部屋で入院すると寝不足になります

二日連続の寝不足の朝である。 昨夜も日付が変わるまで寝付けなかった。 新しく入った爺さんが夜遅くまでテレビを見ている。 その明かりが目の前でチラチラして寝付けない。 朝は朝で、お約束の隣の爺さんの目覚ましが5時半から鳴る。 相変わらず止める気配…

年寄りの入院患者は、携帯で話す声が大きい

寝不足の朝である。 珍しく夜中の12時まで寝付けなかった。 昨日から飲み始めた新しい薬のためかもしれない。 続くようなら、主治医に相談してみよう。 ただ、主治医が気合を入れて見つけてきた薬だけに言い難いが・・ 副作用に興奮作用というのがあるのかも…

入院患者 婆さんが嫌われるか、爺さんが嫌われるか・・

昨日はお祭り。 そのせいか、少し食事がよかった。 昼はぶっかけうどんに肉煮込みが付いていた。 一瞬喜んだが、汁をうどんにかけて肉を乗せると肉うどんになった。 初めから、肉うどんとして出せばいいのだが・・ お金をかけずに、ちょっと贅沢に・・という…

入院して思うこと・・歳をとると、人を騙すのが上手になる

隣の爺さんはよく眠る。 消灯前からいびきをかいて寝ている。 そして、夜中の1時に起きる。 ナースコールで看護婦さんを呼んで、眠れないと嘆く。 そして、薬をもらって、また眠りにつく。 5時半、目覚ましがなる。 どうして、目覚ましをかけているのか理解…

入院生活は痛みどめの薬とのサバイバル

夜中、便意で目がさめた。 トイレに行き、ドアを開けるとそこには爺さんが座っていた。 静かにドアを締め、ベットに戻った。 便意は消えていた。 あのぅ、トイレの鍵は閉めて欲しいのですが・・ 夜中なので誰もこないと思ったのだろうか・・ 夜中こそ、鍵を…

病院の大部屋はオムツの匂いが大変です

大部屋の住み心地を決めるのはどんな同室者になるかである。 今いる部屋は四人部屋、現在全てベットが埋まっている。 しかし、まあまあ静かである。 今までいた部屋の中ではいい方ではないかと思う。 ただ、問題点がひとつ。 オムツ生活の爺さんが一人混じっ…

長く入院すると運命を感じてしまう

気持ちのいい空である。 もうすっかり秋気分ですな。 が、私の頭の中はボケ気分です。 少し寝不足な朝を迎えています。 相変わらず隣のじいさんは昼と夜が逆転している生活を送っている。 夜眠れないと薬をもらっているようであるが、一晩中起きている。 夜…

大部屋の付き添いでにぎやかな病室になった

3日前から新しい住人が入院してきている。 年は三十前後。 病気は軽い。 肺気胸ですでに治療で治った。 しかし、再発予防のため手術をするという。 若くて、元気・・ いいことなのだが・・ しかし、ちょっと問題点が彼にある。 彼というより、面会者がちと問…

入院していると、突然嬉しい出来事が舞い込んでくる

にぎやかな朝である。 静かな朝は1日限りとなった。 昨日、新しい患者が入った。 耳の遠い、かれこれの爺さんである。 爺さんの楽しみはラジオである。 朝五時からラジォを聞いている。 本人は小さな音で聴いているつもりなのだろうが、悲しいかな耳が遠い。…

入院中の大部屋の静けさは貴重な財産かも

うるさい朝である。 朝早くから、隣の爺さんはテレビをつけている。 音量もいつもより大きい。 というより、一晩中テレビがついていた。 起きているわけではない。 いつも以上にいびきをかいて熟睡していた。 あの音の中寝れるというのは素晴らしい特技であ…

うっとおしい爺さんとの付き合いもあと少し

寝不足の朝である。 隣の爺さん、今日も朝早くからテレビをつけている。 もう少し寝たい時間に音を立てられると辛いものがある。 さらに、テレビをつけてから自分はいびきをかいて寝ている。 よくわからない行動パターンである。 昨夜の夜中は目覚ましがなっ…

入院中は高校野球がうっとおしい

毎日、甲子園では熱戦が続いている。 野球好きにはたまらない季節である。 隣の爺さんも、朝八時から第四試合が終わるまでずっと野球を見ている。 見ているのはいいのだが、テレビの音量が・・ 相変わらずイアフォンはしない。 少しずつ音量が上がっていく。…

音がないと眠れない患者が入院してきた

容態の悪かった爺さんが別の部屋ら移った。 その代わりに新しい爺さんが入院してきた。 なんどもここに入院していると、横柄な応対をしていた。 別に入院回数が多いからといって偉いわけではと思うのだが・・ 前に入院した時はこうだったとか、若い看護婦さ…

入院中、暇な時間の過ごし方が大事である

病院で朝を迎えている。 いい天気である。 昨日、自宅で過ごしたお陰で、気持ちのいい朝である。 昨日は普通の味噌汁の朝ごはんを食べて、昼は好物の鍋焼きうどん、そして夜は生姜焼きを食べた。 なんでもない食事だが、すごいご馳走を食べた満足感がある。 …

患者が増えて、一気に病室の環境が悪くなった

疲れた朝である。 夜汽車で寝たような感じである。 まだ、体も頭もボーとしているが,もう寝る気もおこらない。 昨日、二人の患者が増えた。 そのうちの爺さんの容態が非常に悪い。 入院した時は、6人くらいの人に囲まれてやってきた。 医者が容態を確認して…

入院から一ヶ月がたった。個室から大部屋へ移動である

長かったというか、短くも感じるが、微妙な一ヶ月であった。 一ヶ月の間に手術とICU生活が入っているので、今までの入院よりは日が経つのが早く感じる。 カミさんも早かったと感じるらしい。 病院の中での時間の流れと外との流れの速さは違うのかもしれない…