どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

クレジットカード付帯の海外旅行保険・・気をつけなはれやァ・・

今回の旅行の後始末が終わった。

海外旅行保険金の請求である。

どこまで出るのかわからないが、とりあえず必要書類を送った。

 

私が使っている海外旅行保険はカード付帯のものだけである。

はっきり言って、今回のことで反省している。

倒れたところがメキシコだったからいいものの、もしニューヨークだったら・・

 

思っていた以上に医療費はかかる。

今回の入院は二泊三日。

それだけで、二百万近くのお金が必要であった。

さらに、帰国便を変更したので、その金額を合わせると、ゆうに二百万を超える。

 

これがニューヨークだったら、一千万位かかってたかも・・

恐ろしい・・

 

カード付帯の医療費は合算できる。

私はゴールドカードを3枚持っているので、合わせると750万円まで使える。

さらにアメックスの付帯保険を合わせると、一千万円くらいはある。

ということで安心していた。

 

しかし、いざ保険金を請求しようとすると・・

 

大きな失敗をしてしまった。

それは、ゴールドカードを3枚持っているが、旅行には一枚しか持参していなかった。

そして、持っていたANAゴールドカードの傷病保険金限度額は・・

 

150万円・・

 

知らなかった・・

 

はっきりいって、ANAゴールドカードの年会費は普通のゴールドカードより高い。

大体のゴールドカードでは病気の保険金は300万円までカバーされる。

そのため、ANAゴールドカードも300万円までカバーされると思っていた。

 

かなり焦った。

現地での請求はすぐ底をついた。

 

さらに、アメックスの保険を使おうと思うと・・

うっかり、航空券をこのカードで買うのを忘れていた。

 

私の持っているアメックスの海外旅行保険は利用付帯。

つまり、旅行中にどこかで航空券を買っていないと保険が使えない。

メキシコ国内でも航空券を買っていたが、それをアメックスで払っていなかった。

 

こんなこともあり・・

入院三日目、医者からこれからどうするかと聞かれた。

 

入院を続けるのなら、一日40万円ほどかかるけど、

いつまで入院するのかと・・

 

保険金限度額は使い切っている。

あとは、とりあえず自腹で払って、帰国後、請求となる。

しかし、1日40万の入院を続けていれば、すぐカードの利用限度額を超えてしまう。

 

不安であったが、退院を選んだ。

 

無事に戻ってこれたからいいものを・・

判断を間違っていたら、やばかった。

 

 

今回の反省点。

 

カード付帯の保険を使うのであれば、複数枚のカードを持参しましょう。

持っているカードが自動付帯でないのであれば、航空券をそのカードで払いましょう。

 

そして、実際に経験してわかったこと・・

 

救援者費用という項目・・

一週間以上入院しないと出ないとか・・

 

そのため、今回帰国する際、新たに航空券買ったけど、カミさんの分は出ませんでした。

 

この点もお気をつけくださいね・・

 

ただ、保険会社によって違うと思うので、ご確認を・・

 

以上、今回の入院に関する後始末でした。

チャンチャン・・

 

 ↓ ↓よろしければ応援クリックお願いします 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ   にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

今日もクリックありがとうございます

もよろしくお願いします

 


ブログの最新記事