どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

30年の月日を感じた1日でした

今日のお出かけ先はトゥルム遺跡。

メキシコで一番行きたかったところ。

30年ほど前に行き、色々思い出が・・

どれだけ感激したかというと、ここの遺跡がある砂浜の砂を日本に持って帰ったくらい・・

そして、その持って帰る間に色々事件が・・

これを語り始めると、とんでもなく長くなるので、また何かの機会に・・

 

まぁ、どれだけ気に入っているかというと、娘の名前はここの風景からつけたもの。

それくらい思い入れのある地です。

 

プラヤデルカルメンから、コレクティーボで1時間ほどで到着。

ダイレクトに行けばもっと早く着くのだが、コンクティーボは途中で人を降ろしたり、拾ったり。

基本的に乗合タクシーですから、好きなところで乗り降りできます。

そんな感じで寄り道しながら遺跡に通じる道に到着。

 

そこから、楽しい列車バスに乗り換え、遺跡の入り口まで・・

昔は当然こんなものはなく、時代の移り変わりを感じます。

 

着いてチケットを買おうと思うに様子が変わっています。

入り口が立派な建物に・・

 

昔は掘っ建て小屋みたいなところで、チケットを買い、さらに名前と住所をノートに書きました。

まぁ、まだ発掘途中で来場者も少ない頃でしたから、そんな感じの入り口が・・

立派になったものです。

なんか、自分の子供が成長した様で嬉しくなります。

 

遺跡に入ると、これまた綺麗に整備されています。

まるで、テーマパーク。

かつての廃墟のイメージが全くなくなっています。

地面むき出しだったところには、木が植えられ、まさにディズニーランド。

 

いやいや、30年の時間を感じてしまいました。

 

f:id:fabifuten:20180504101119j:plain

ただ、残念だったのが、色々なところが立ち入り禁止に。

これだけの入場者ですから、仕方のないところですが・・

一番の写真ポイントが入れません。

 

ルールを守らない観光客は御構い無しに入って写真撮ってましたが・・

情けない光景です。

 

さて、30年ぶりの再会を終え・・・

何しましょう。

午後の時間がぽっかり空きました。

 

昼ごはんを食べながら作戦会議。

カミさんはボートに乗って海から遺跡を見たかった様ですが・・

ここまで来て、今話題のグランセノーテを見ずに帰るわけには行けません。

残念ながら、泳ぐことはできませんが、せめて見るだけでも・・

 

ということでタクシーに乗り、セノーテへ。

行ってよかったです。

やはり話題になるだけのものはあります。

水の色が違います。

 

f:id:fabifuten:20180504100953j:plain


泳げないので、足だけつけてまったりです。

亀さんが怖がりもせず寄って来たりして・・

人間ナメてますね。

ちょっと人間の怖さを教えておきました。


今日もいい1日でした。

それにしても、毎日観光に出かけているので、出費がすごい状態です。

明日からは、お出かけを減らして、ホテルまったり生活に切り替えます。

 

また、それはそれでお金使ったりして・・

 

うーん、考えないことにしよう。

 

  ↓ ↓よろしければ応援クリックお願いします 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

今日もクリックありがとうございます

もよろしくお願いします


ブログの最新記事