どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

やればできるのだ・・太陽のピラミッド

昨日に引き続き疲れ気味の朝である。

しかし、満足の朝である。

体調も日本にいる時より健康である。

咳も滅多に出ない。

痰も収まっている。

ましてや血痰など旅行に出てから一度もお目にかかっていない。

私の体は旅行向きにできているのかもしれない。

 

昨日は疲れているので休息日と思っていたのですが・・

カミさんが起きるなり、今日はどこに行くと聞く。

寝たら元気になったという。

ならば、いざテオティワカンとなった。

 

地下鉄を乗り継ぎ、北バスターミナルへ。

さらにそこからバスに乗り、テオティワカン遺跡へ。

 

ツアーを使えば楽なのだが、高い。

一人一万近くする。

この方法でいけば一人千円ほどですむ。

さらにツアーで行くと時間制限がある。

私の場合、体が人並みに動かない。

自分のペースで動きたい。

そうなると、自分で行くのに限る。

三十年ほど前に行った時も、ツアーを使わなかった。

 

そして、たどり着いたテオティワカン。

あまりの変わりようにびっくりした。

 

まず入口が変わっていた。

ど真ん中の太陽のピラミッドの前が入口になっている。

以前は入口から太陽のピラミッドまで1キロほど歩いた。

それが入ると、すぐ前である。

 

いきなり太陽のピラミッドがドーンとである。

感激の光景である。

カミさんは、感激を通り越して、びっくりしていた。

写真からは想像できない大きさ。

これだけは実際に見ないとわからないものである。

 

世界で三番目の大きさである。

さらに、登れる。

が、今の私の体では・・・諦めていた。

 

中腹まではと、登って見た。

ゼエゼエ言いながら登れた。

上を見上げると、頂上が近い。

こりゃ、行くしかないでしょ。

なんどもなんども休みながら、頂上へ・・

 

登れた・・・

 

日常生活がやっとと言われた私の体が、ピラミッドに登れました。

 

やればできる・・

 

その後、月のピラミッドも登る。

ただ、ここは途中までしか登れなくなっていた。

昔来た時はもっと上まで登れた記憶が・・

 

その時、犬がピラミッドの上まで登って来た。

 

f:id:fabifuten:20180426205604j:plain

 

昔の思い出が蘇って来た。

 

開門まで1時間前であったが、係の人が中に入れてくれた。

誰もいない廃墟のなかに入った。

門番の人が飼っている犬が道連れである。

雨の降るなか遺跡の中心にある死者の道を歩いていく。

まわりの光景は石造りの風化した宮殿が続く。

20分ほど歩くと太陽のピラミッドが見えてきた。

世界で3番目に大きいピラミット。

多くのいけにえの上に立つピラミッドである。

そしてその先には月のピラミッドである。

まず、月のピラミットに登って遺跡全体を眺めたいと思った。

なんといっても人がまだ誰もいないのである。

昔のままの光景が見れるはずである。

急な勾配の階段を犬と一緒に登る。

かなりきつい運動である。

上に登って振り返るとそこには広大な遺跡群が広がっていた。

 

                   昔の旅日記より

 

 やればできる。

満足の1日であった。

 

 ↓ ↓よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

今日もクリックありがとうございます

もよろしくお願いします


ブログの最新記事