どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

早起きは三文の得であることを実感した

嵐山花灯路旅行レポート第二弾です。

 

今日も5時から起きている。

このスタイルは旅行中も変わらなかった。

朝食を8時半の予約にしたので、時間がたっぷりあった。

 

そこで、朝のお散歩に出かけることにした。

さすがに京都。

底冷えがすごい。

冬山登山並みの格好で散歩に出かけた。

 

ホテルの前には夜明け前の桂川が広がっていた。

 

f:id:fabifuten:20171214060230j:plain

 

地元の人だろうか、散歩をしている人も多い。

おはようございますと声をかけてくれる。

最高のおもてなしである。

 

その寒い中、竹林へ行ってみた。

まだ、夜明け前。

誰もいないはず・・

 

が、いた。

 

それも、ど真ん中にバイクをおいて写真撮影をしている。

バイクの好きな人にとって、竹林をバックに愛車を撮るのは最高なのだろう。

 

しばらく眺めていると、すみません・・との言いながら近づいてきた。

 

彼も、誰もいない竹林を写真に残したいと思ってきたという。

前回は、朝の5時に来たのに、もうすでに人がいたという。

今回は冬なので、人が少ないので助かると言っていた。

 

さて、私も誰もいない竹林を撮ろうとすると、一台の車がやってきた。

そして、真ん中に停めて、写真撮影が始まった。

おいおい、ここに車入れてええんかい・・

 

さらに、車をゆっくり動かしながら動画を撮影し始めた。

上には上がいるものだ・・

呆れて、文句をいう気力も無くなった。

 

やっと、車の撮影が終わり、人の姿がなくなった。

 

f:id:fabifuten:20171214061438j:plain

 

念願の写真が撮れた。

昔から欲しかった写真。

満足である。

それにしても、薄暗い中、iPhone Xの写りはいい。

 

帰り道、竹林の道を下っていると、竹林が燃えた。

 

f:id:fabifuten:20171214061631j:plain

 

夜明けである。

竹林の中で迎えた夜明けは幻想的であった。

 

夜のライトアップもいいが、この朝焼けの景色は写真では伝わらない雰囲気を持つ。

 

早起きしてよかった・・

まさに、早起きは三文の得の朝であった。

 

 ↓ ↓よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

もよろしくお願いします。

今日もクリックありがとうございます


ブログの最新記事