どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

人生いろいろ、患者もいろいろ

昨日、一週間前に退院した爺さんが戻ってきた。

夜中に徘徊をして、家族に引き取ってもらった爺さんである。

また、痛みが強くなったということで戻ってきた。

家庭では娘さんが世話をしていたようである。

歳はもう90は超えているだろう。

家での看護には限界があるのであろう。

 

隣の目覚まし爺さんにも動きがあった。

今日、リハビリ病棟へ移る。

すでに病気が治っているのだから、遅すぎたくらいである。

リハビリ病棟へ移ると、今までの寝たきりの生活は許されない。

いろいろ体を動かすように指導されるであろう。

彼にとってはいいと思うのだが・・

これで、5時半に起こされることはなくなった。

 

移動が決まった時、つい本音が出た。

現在、自宅はリフォーム中とのこと。

今月末までは病院にいたいという。

なるほど、退院を急がなかったのはそこにあったのか・・

いろいろ人それぞれ事情があるようである。

さりげなく、7LDKの小さな家だけどねと自慢を付け加えていた。

 

アニマックスの好きな爺さんにも動きがあった。

先日、

手術はいやだ。

今の治療もやめて家に帰る。

とブチ切れた。

 

理由はタバコが止めれないからである。

主治医から完全に禁煙するよう指導された。

彼にとっては、5本まで減らしたという気持ちがある。

これ以上減らすことはできない。

タバコをやめるくらいなら、このまま死んだ方が楽だと言った。

 

家族が呼ばれ、いろいろ話し合ったようである。

その結果、夜は家に帰り、昼間だけ病院で点滴治療を受けるということとなった。

家に帰ったら、タバコだけでなく、酒も飲んでいるようである。

彼曰く・・・少しだけだから・・

どうなることやら・・

まあ、彼の人生ですから。

しかし、周りの家族、そして治療等当たっている医者、看護師にとって難儀な人物である。

 

いろいろな人生があるものである。

それにしても、個性的な患者が揃ったものだ。

こんなところからは早く脱出しなくては・・

頑張ろう(^O^☆♪

 

↓ ↓よろしければ応援クリックお願いします  

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

今日もクリックありがとうございます


ブログの最新記事