どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

入院では鈍感力が試される

久しぶりに、よく寝たなぁという朝である。

時間にして6時間の睡眠であるが、熟睡できた。

しばらく続いた寝不足が少し解消したようである。

 

今飲んでいる薬には過敏になる副作用がある。

眩しく感じる視覚障害、不眠・・

どちらも精神的なものがからむ。

昔ならイライラするところだが、今回にはそれがない。

長い入院生活のおかげで少しは成長したようである。

 

近年、鈍感力の話を聞くことが多くなった。

敏感より鈍感の方が大事だという。

なんとなく理解できる。

 

鈍感力といえば元職場の先輩を思い出す。

彼にはカバというあだ名がつけられていた。

私が入る前からそう呼ばれていた。

職場の中では本名よりそちらの方が通りがよかった。

 

彼は研修旅行の際、風呂場のガラス戸を突き破った武勇伝を持つ。

メガネをかけていなかったので、開いていたと勘違いした。

裸でガラス戸を通過したという。

ガラスは割れたが、傷一つ負わなかった。

そんなところからか、カバのように図太いと言われるようになった。

 

彼は体だけでなく、精神的なところも強かった。

地道に粘りよく、人の嫌がる仕事を続けていた。

周りの人は、カバ、カバと馬鹿にしていたが、私は尊敬していた。

 

入院していると、この鈍感力が試されている。

隣からウンコの臭いが漂ってきたり、騒がしかったり・・

当然、死への恐怖もある。

 

最近、イライラしない自分がいる。

少し鈍感力が高まったかな・・

あともう少しの入院。

頑張ろう(^O^☆♪

 

↓ ↓よろしければ応援クリックお願いします 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

今日もクリックありがとうございます


ブログの最新記事