どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

病院には、電話ボックスが必要です

寝不足の朝である。

珍しく夜中の12時まで寝付けなかった。

昨日から飲み始めた新しい薬のためかもしれない。

続くようなら、主治医に相談してみよう。

ただ、主治医が気合を入れて見つけてきた薬だけに言い難いが・・

 

副作用に興奮作用というのがあるのかもしれない。

興奮といえば、昨日、廊下の椅子で気合を入れて携帯をかけている爺さんを見かけた。

地球の裏側にかけているような大きな声で話していた。

 

初めは退院日が決まったという報告。

そして、自分の症状を詳しく説明。

次に仕事の話となった。

さらに、家族の悪口に移っていった。

全て、まる聞こえである。

 

ちなみに、すぐ横にいたのではなく、隣の談話室に私は座っていた。

ということは、フロアー全体に聞こえていただろう。

 

耳が遠くなると、声も大きくなる。

相手も耳が遠いとさらに拡大する。

病院内は静かである。

その中では、まさに拡声器状態。

本人は良くても、聞かされるものはあまり気持ちのいいものではない。

 

昔は良かった。

電話ボックスの中では少々大きな声を出しても大丈夫であった。

今はほとんどが姿を消してしまった。

撤収した電話ボックスはどこに行ったのだろう。

 

残っているのであれば、病院内に設置して欲しい。

携帯電話はこちらで・・

という案内をつけて。

 

設置費用が必要なのであれば、ボックス内に広告スペースを作ればいい。

電話している時は、ついつい見てしまうものである。

 

病院の関係者の方、ぜひご検討を。

 

  ↓ ↓よろしければ応援クリックお願いします 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

今日もクリックありがとうございます


PVアクセスランキング にほんブログ村