どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

手術のあとは順調です

一週間前から体調は悪かった。

疲れやすく微熱が続いていた。

さらに胸のところが少しずつ膨れてきてコブのようになっていた。

今回破裂したところはこのコブのところである。

 

テニスボールの三分の一近くあっただろうか。

娘がそこに心臓があるのかと聞いた。

バカなこと言うんじゃないと答えた。

その日、そこが破裂した。

 

病院に運ばれてCTをとっている間、主治医は不機嫌だったという。

普段はひょうひょうとした明るい人である。

周りに当たり散らしていたとカミさんは言っていた。

CTの検査の結果を見た後、普段の主治医に戻った。

かなり深刻な状態と考えていたようである。

検査の結果、出てきた膿や体液は皮膚の近くからという。

体の奥からだったらと心配したようである。

 

手術は局所麻酔であった。

三人の医者で手術は行われた。

みなさん、親しい医者ばかりである。

手術の間、いろいろ相談しながら進めていく。

それが全て聞こえてくるだけに心配になる。

 

ここどうしようかねぇ・・

よくわからないねぇ・・

ここ痛いですかなどと、つついたりもする。

 

手術は1時間半ほどで終わった。

意識があっただけに長く感じた。

 

術後、どれくらい入院かまだ説明はない。

ただ、今までの手術に比べて楽である。

体に二本管が入っているくらいで、他はそれほど変わりない。

食事も手術の後すぐに出たくらいである。

 

ただ、やはり手術は手術で体を切っている。

咳をしたりすると、傷に響く。

まぁ、今までのことを考えると大したことないか・・

頑張ろう(^O^☆♪

 

 ↓ ↓よろしければ応援クリックお願いします  

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

今日もクリックありがとうございます


PVアクセスランキング にほんブログ村