どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

救急車で運ばれた。再入院です。

なんでない咳をした。

一瞬でシャツの色が変わった。

何が起こったのか理解できなかった。

咳をするたびに液体が腹を流れる。

胸の傷口が避けたのが理解できた。

 

意識ははっきりしていた。

家の電話で病院に電話をかけた。

主治医に連絡を取りたかった。

しかし、病院の受付は患者番号とか、名前、住所、電話番号などいろいろ質問してくる。

なかなか、話が前に進まない。

折り返し電話をするということになった。

 

仕事中のカミさんに携帯をかけた。

すぐ帰るとの事。

仕事場は近い。

車で5分ほどである。

しばらくしてカミさんが帰ってきた。

帰りのタクシーから救急車を呼んだという。

さすがカミさん、段取りか早い。

カミさんが帰るとすぐに救急車も到着した。

 

隊員の人がすぐシャツをめくった。

穴を見て、これは肺まで貫通していますねと言った。

 

その頃やっと病院から電話があった。

症状を詳しく教えてくれという。

もう救急車が到着したのでそちらに向かうと言った。

あとは、救急隊員と病院との話になった。

 

救急車に乗せられ、病院に到着後、すぐCT検査。

そして、緊急手術となった。

 

今、入院三日目の朝。

やっと、気分も体調も落ち着いた。

しかし、まだ長くパソコンの前に座るのは辛い。

詳しくは、後ほど・・

 

 ↓ ↓よろしければ応援クリックお願いします  

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

今日もクリックありがとうございます


PVアクセスランキング にほんブログ村