どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

今の世の中、静けさは貴重な財産かも

うるさい朝である。

朝早くから、隣の爺さんはテレビをつけている。

音量もいつもより大きい。

というより、一晩中テレビがついていた。

起きているわけではない。

いつも以上にいびきをかいて熟睡していた。

あの音の中寝れるというのは素晴らしい特技である。

長年、テレビをつけて寝ている成果であろう。

 

今日は隣の爺さん、手術である。

その不安をテレビの音で紛らわせているのだろう。

朝になって、さらに音量が上がってきた。

その合間にため息つく。

腹が立つくらい大きなため息である。

そこまで、自己主張しなくてもいいのに・・

 

しかし、付き合わされるものにとっては苦痛である。

普段私はテレビを見ない。

ここ一週間で半年分くらいのテレビを聞かされた。

修行のような日々が続いている。

 

自宅に帰っていた二日間は静かであった。

それだけで幸福感を味わえる。

今の世の中では、静けさは貴重な財産なのかもしれない。

 

その静けさの中、ツクツクボウシが鳴いていた。

もう夏は終わりである。

子供の頃、ツクツクボウシが鳴き出すと、夏休みの終わりを感じていた。

宿題に追われながら、寂しさを感じていたのを思い出す。

 

もう少しで秋である。

さぁ、秋になったら何をしようか。

その頃には、退院できているだろう。

 

のんびり静かな公園で散歩もいい。

海に行って、夕焼けも見てみたい。

まずは静かなところでのんびりしたいものである。

 

 ↓ ↓よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

今日もクリックありがとうございます


PVアクセスランキング にほんブログ村