どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

傷跡が凄い状態になっている

体についていたホッチキスがなくなった。

正しくはステープラーというらしい。

縦と横、合わせて50個くらいついていた。

一度に外すのではなく、2日に分けて外した。

 

最初の日は飛び飛びにのけた。

なんとも、面白い外し方である。

傷の模様が面白いので、カミさんは喜んでいた。

そして、昨日すべてがなくなった。

今の私の体の模様は虫の腹のようだという。

なんとなく想像がつく。

残念ながら自分では見えない。

というより見たくない。

 

横20センチ、縦40センチほどの傷である。

さらに、その前の手術のあとが縦線の途中から横に伸びている。

カミさん曰く、まさにキカイダー状態という。

なんか泣きたくなるような気持ちになる。

まぁ、年だし人様に見せることはない。

ただ、温泉などの大浴場では気がひける。

開き直って、凄いだろうと自慢する方法もあるが・・

 

まだ、上部の植被したところは閉じていないので、相変わらず機械が付いている。

いつ外れるのだろうか・・

患者の気持ちも知らず、主治医は二週間ほどの休みをとっている。

どこに行ったのだろう。

まぁ、それだけ患者をほっておけるということは、私の状態がいいということであろう。

 

明後日、仕事に戻ってくると看護婦さんは言っている。

さてさて、帰ってきたときの第一声はなんというのだろうか。

楽しみである。

 

まぁ、大きな手術の後だから休みたいのだろう。

私の手術の後、ずっと休みなしで病院に来ていた。

医者の職業は大変だと思う。

夜も電話で呼び出されることもあるという。

今回は、呼び出されてもこれないところまで行ったのだろう。

もう一人の医者に全権委任という形でいなくなっている。

 

さて、休みをとって気分を変えて、

「どうですか。退院しますか。」

なんて言葉が出るか・・

水曜日を期待しよう。

 

  ↓ ↓よろしければ応援クリックお願いします 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

今日もクリックありがとうございます


PVアクセスランキング にほんブログ村