どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

手術から一週間がたった

少しずつ痛みが弱まり、歩けるようになってきた。

食事のスピードも早くなってきた。

最初は30分以上かかっていたのだが、10分ほどで終わるようになった。

食欲も戻ってきたようである。

 

今、困っているのは胃の周りの痛みである。

咳をすると痛い。

特に寝ている時に咳が出ると、激痛で目が覚める。

これが一番の悩みである。

腹にツッパリ感があるので、上向きに眠るのが苦しい。

ベットを少し起こした形で寝ている。

そのため長く熟睡はできない。

だいたい2時間おきくらいに起きている。

 

腹の痛みなのだが、調べてみると癒着が原因の場合が多いという。

開腹手術をすると正常な組織でも空気に触れると、近くの組織と引っ付こうとするらしい。

それが癒着というものらしい。

開腹手術をした人の9割くらいの人がそれになるという。

癒着が起こると、次回の手術の際大変になるという。

術前の主治医からの話の中で、この手術の後、胃の手術が大変になると言っていた。

このことも含んでのことだろう。

 

肺の方の傷口の経過はいいようである。

排液も少なくなってきている。

痛みもほとんどない。

ただ相変わらず血痰は続いている。

これだけが気がかりである。

 

肺の方がよくなると、今度は胃。

なかなか一筋縄にはいかないようである。

 

 ↓ ↓よろしければ応援クリックお願いします 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

今日もクリックありがとうございます


PVアクセスランキング にほんブログ村