どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

なんでもないような時間が嬉しい

今日も晴れの朝である。

もう梅雨は明けたようである。

セミも鳴いているという。

セミが鳴くと梅雨明けと昔から思っている。

たまにフライングで鳴くセミもいるが・・

天気予報の梅雨明けより正確だと思う。

 

晴れが続いているので、夕方は病院のテラスに座ることが多い。

昼間は暑いが、日が落ちた後は涼しい風が吹く。

夕食後、カミさんと二人でベンチに座って空を眺めている。

一日で一番幸せな時間である。

 

空を眺めているか、必ずカラスが飛んでいく。

巣のある山に帰るのであろう。

面白いことに、若干飛ぶコースが違う。

空高く飛ぶ時もあれば、低く飛ぶ時もある。

一匹の時もあれば、二匹の時もある。

カラスにもいろいろ事情があるようである。

 

なんでもないような風景だが、入院している者にとって楽しい時間である。

カラスだけでなく、近くにあるビアガーデンからも楽しい笑い声も聞こえてくる。

焼き鳥の匂いも漂ってくることもある。

世間の雰囲気を感じられる貴重な時間である。

 

このテラスでは散歩をする人が多い。

退院前の体力づくりか、みんな表情が明るい。

先が見えるということはいいことである。

しかし、まだ自分は先が見えない。

退院はいつになることやら・・

そろそろ退院だなぁといいながら、ベンチから空を眺めたいものである。

 

  ↓ ↓よろしければ応援クリックお願いします  

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

今日もクリックありがとうございます


PVアクセスランキング にほんブログ村