どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

入院すると、毎日事件が起こる

雨の朝である。

昨日は真夏のような日差しだったが、梅雨に戻った。

今日も、昼過ぎには雨が止んで、また真夏の日差しに戻るとの天気予報である。

真夏と梅雨の繰り返しの毎日である。

 

昨日は、新しく入った患者が事件を起こした。

ICUから出てきたばかりだというのに、ジュースを飲みたがっていた。

当然、医者の許可は出ていない。

散々ごねて、コンビニに看護婦とともにジュースを買いに行ったようである。

そして、ひと口だけという約束で飲ませてもらったようである。

 

そして、一時間後、別の看護婦さんが彼のベットに訪れた。

なんと、彼はおにぎりを食べていた。

彼は、コンビニでジュースだけでなく、おにぎりまで買っていたようである。

当然、お腹を切ったばかりだから絶食である。

なのに、お腹が空いて我慢できないと、おにぎりを食べたという。

こんな患者は初めて見た。

まさに自殺行為である。

厳しい病院だと、即刻強制退院である。

 

彼の言い分では、食べても大丈夫だという。

性格はかなりわがままである。

今までも、歩いてはいけないと言われているのに、勝手に歩いている。

いくら注意されてもお構いなく歩く。

管を体に沢山つけて歩いている。

そして、ジュースを買って、さらに、おにぎりを食べた。

信じられない行動である。

 

当然、家族が呼ばれた。

かなり怒られたようである。

持っているお金は全て回収された。

その時、すごく怒って拒否をした。

もう死んでもいいからおにぎりを食べたいとも言った。

 

結局、一日一本のジュースならいいと医者と折り合いがついた。

ごねがちである。

それから一晩経った。

彼は元気である。

彼の言っていることが正しいのかもしれない。

人の体というものはよくわからないものである。

 

  ↓ ↓よろしければ応援クリックお願いします  

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

今日もクリックありがとうございます 


PVアクセスランキング にほんブログ村