どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

人の命は大切だというが・・

厚生労働省によると、受動喫煙のため亡くなる人は年間15000人と言われる。

一日、30人近くの人が亡くなる計算となる。

当然、この対策として厚生労働省から法律が国会に出されている。

厚生労働大臣も熱心に活動している。

しかし、なぜか今年の国会では流れてしまった。

理由は、受動喫煙防止の法律を強めると、飲食業の人が困るからだという。

さてさて、そうなのだろうか。

 

レストランで食事をしていて、一番辛いのは流れてくるタバコの煙である。

一気に食べる気がなくなる。

分煙していても、煙はどこからとも流れてくる。

さらに、タバコを別の場所で吸ってもしばらくは肺に残っているので、その人の呼吸から流れてくる。

 

先日、我が家にやってきた生命保険のおばさんは強烈だった。

我が家に来る前に、タバコを吸っていたようで、彼女が家の中に入ってきた途端、タバコの臭いが家中に漂った。

くさいので、早くお帰り願いたいのだが、そういう人に限って図々しい。

あなた、臭いから帰って、と喉元まででかかった。

 

タバコを吸っている人は、どれだけ人に迷惑をかけているか気付かない人が多い。

歩きタバコなど、その典型である。

喫煙者も他人のタバコの煙は嫌いなようである。

JRの喫煙席はいつも空いている。

タバコを吸うときだけそこに来て、禁煙車両に戻っていく。

臭い匂いを引き連れて禁煙車両に入って来て欲しくないのですが・・

ずっと喫煙車両にいてください。

 

病院でも然りである。

車椅子乗っている人でも、外までタバコを吸いに行く。

そのため、病院の入り口付近はタバコ臭い。

 

一人の人が亡くなると大きなニュースになる日本なのに、なぜ、この問題をマスコミは大きく取り上げないのであろうか・・

 

  ↓ ↓よろしければ応援クリックお願いします 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

今日もクリックありがとうございます


ブログの最新記事