どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

ネットの医療情報は危ない

細切れ睡眠の朝を迎えた。

相変わらず、咳で夜中起きている。

二時間おきくらいである。

私が起きると、カミさんも目を冷ます。

私は昼眠たくなれば寝れるが、カミさんは仕事である。

カミさんのためにも早く治したいものである。

 

だいたい原因が見えてきた。

後鼻漏であろう。

鼻水が喉を伝って肺に入る症状である。

そのため、寝ている時に特に咳が出る。

主治医の見立てもそうである。

ただ、それをどのように治すか、これが悩ましい。

 

後鼻漏になった原因がわからない。

まずはアレルギーから疑ってみることにした。

ちょうど、昔飲んでいたアレルギーの薬の余りが手元にある。

今朝、試しに飲んでみた。

クラリチンという薬である。

甘くて美味しい薬・・

これで症状が改善すればいいのだが・・

と言うより、飲んでいいのかいう話だが・・

 

病気が長くなると、いろいろ医療情報に詳しくなる。

気になると、すぐネットで調べている。

薬の効用や副作用も然りである。

ただ、気をつけないといけないのは、嘘の情報をまとめサイトで載せているものである。

一つのサイトだけでなく、複数のサイトを比べて判断しているが、これまた、出てくるサイトはコピーペーストで作られたサイトばかり。

いやいや、ネットの世界は無法地帯である。

 

他のことならいざ知らず、医療関係のサイトだけは法律で取り締まって欲しいものである。

 

 と言いながら、素人判断しています

 ↓ ↓よろしければ応援クリックお願いします 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

今日もクリックありがとうございます


PVアクセスランキング にほんブログ村