どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

定年退職後の車の買い替えを考えてみた  

車検に出していた車が戻ってきた。

いたずらの傷もきれいに治っている。

やはり傷がないのは気持ちがいい。

 

傷がXの文字、つまりバツだっただけに見るたびにうっとおしかった。

なんか自分が否定されているような気持ちになってしまう。

古い車なのだが、傷がなければそれほど古い車の感じはしない。

まだまだ乗れそうである。

 

車検代は傷の修理も入れて、23万円。

傷の修理が8万だから、車検代は15万というところである。

まあ、13年乗っているのだから、よしとしよう。

 

車の買い替え時期を調べてみると、

最近は皆さん長い年数乗っているようです。

平均13年くらい。

我が家の車がだいたい平均のようです。

平均ということは、半分の人はまだこれ以上乗るということである。

我が家の家計を考えると当然まだまだ乗るという結論となる。

 

乗り換え時期の決定方法として、

車の減価償却で考える方法をネットで知った。

車の新車の時の値段を乗った年数で割るというものである。

例えば、300万円の車だと、10年乗ると30万という計算をする。

ということであれば、我が家の車は今、約20万円となる。

この値段を超える修理となった場合、乗り換えを考えるというものである。

この計算でいくと、車検代15万円はセーフということになる。

 

定年退職後の車の買い替えは厳しい。

ボーナスなど期待できない。

借金などすると、そのまま借金として残る。

結局は貯蓄を減らすこととなる。

 

今度の買い替えでは新車はきついと思う。

何年落ちの中古車を買うこととなるだろう。

いろいろ調べたが、我が家の予算で今乗っている車に代わるものはなかった。

これから2年間、大事に乗ることにする。

 

ものは大切に・・

 ↓ ↓よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

今日もクリックありがとうございます。


ブログの最新記事