どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

街路樹の花がまぶしく感じる

今、病院から帰ってきた。

そのまま入院かと怯えながら行ったが、無事戻ってこれた。

 

今日のCTは造影剤を使ったCTである。

どこから血が出ているか調べるためである。

今まで何度も経験しているが、今日はちょっと緊張した。

その雰囲気が伝わったのか、技師の人もいつもより親切であった。

 

検査の結果が出るまで時間がかかった。

今の時代、CTの画像はオンラインで医師の元へ送られる。

すぐ結果がわかるわけである。

いつもはすぐに話があるのだが、今日は遅かった。

待つ間、再入院となった時の覚悟を決めていた。

だんだん暗くなる自分がわかった。

 

結果は先に書いたが、問題ないとのことである。

今出ている血痰は、手術で切り取った肺の部分から出ているという。

今までは空洞であったところに水がたまり始めたという。

そこから染み出しいるとの見立てである。

 

人間の体は空洞ができている状態はよくないという。

そこに水がたまり、次第に肉に変わっていくという。

だから、よくなる過程だから心配ないという。

 

治療が終わり、ホッとしたと言うと、主治医もホッとしたと言った。

今回の出血はお互いドキドキものだったようである。

 

f:id:fabifuten:20170415121136j:plain

帰り道、街路樹の花が綺麗だった。

また、外を歩くことができた。

私にも、春が来た・・

 

  ↓ ↓よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

今日もクリックありがとうございます。


PVアクセスランキング にほんブログ村