どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

桜を見れることは、一年、生きたご褒美である

カフェラテを飲んで、続いてコーヒーを飲んでいる。

目が覚めない。

おつかれ気味の朝である。

 

昨日は年度始め。

通院途中、たくさんの若者にあった。

近所にある大手スーパーの新入社員である。

皆、スーツケースを転がしている。

今日から泊まり込みの新規採用の研修であろう。

ご苦労さんである。

 

病院でも、新しい医者が入っていた。

主治医とともに私の治療に当たった。

若い女医のせいか主治医の説明が丁寧である。

この人、一年前意識不明で運ばれたんだよ・・

麻痺が残るかと思ったが、大丈夫だった・・

おいおい、そこまで説明するかという感じである。

 

機嫌がいいのか、リップサービスもしてくれた。

一泊の旅行くらいなら大丈夫ですよと言う。

嬉しい言葉である。

 

言葉に甘えて、午後からお出かけをした。

山方面はまだ花粉が危険なので、海を見に行った。

愛媛で海といえば、しまなみ海道である。

久しぶりの橋を眺めた。

できれば桜とともに橋を撮りたかったのであるが、まだ咲いていなかった。

詳しくはこちらで

shikoku.futen.xyz

 

その代わり途中の寺の桜は満開であった。

掌禅寺の金龍桜と呼ばれている大木である。

 

f:id:fabifuten:20170401204848j:plain

 

寺では夕方から夜桜コンサートを開くという。

そのリハーサルが行われていた。

近所の人が作った手作りの弁当も売られていた。

綺麗な歌声を聞きながら、花見である。

幸せな午後の時間を過ごせた。

詳しくはこちらで

shikoku.futen.xyz

 

桜を見れることは、一年、生きたご褒美である。

十年前、肺がんを発病してから毎年思う。

今年も桜が見れたよ・・

また、来年までがんばろう・・

 

 

ランキングの写真は昨日撮ったしまなみ海道。

↓ ↓よろしければクリックお願いします

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

応援ありがとうございます。


PVアクセスランキング にほんブログ村