どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

定年退職後、一年経って思うこと

先日、元職場を訪れた。

一年半ぶりである。

一昨年の秋、病気になった。

それ以来、職場に行くことはなかった。

ずっと気になっていた。

年度の代わりもあり、手土産を持って訪れてみた。

 

みんな元気そうでよかった。

一年半ぶりという感じはない。

浦島太郎になっているのではと思っていたが、それほど時代の流れは早くなかった。

この時期、私は忙しかった。

その忙しい仕事を若い者がついで、独り立ちしていた。

嬉しい限りである。

安心して、引退できる。

 

働いている人は生き生きとしている。

顔が輝いて見える。

一瞬、また働いてみようと思ったが、やっぱり毎日が日曜の今がいい。

もう、頑張る人には戻れない体になっている。

 

この一年でいろいろ学んだ。

一番大事なものは健康ということを改めてわかった。

お金があっても、時間があっても、健康でなくては何もできない。

 今日、定年退職を迎える人は多いと思う。

まずは健康面をチェックしてほしい。

 

そして、何よりも家族などの人間関係が大事だとわかった。

この一年乗り切れたのは、ひとえに家族のおかげである。

改めて感謝したい。

 

そして、あと一つ付け加えることがあるとすれば、希望を忘れないことだ。

もうダメだと思うときもあると思う。

しかし、希望を捨ててはいけない。

時間さえたてば、なぜか不思議と物事は解決するものだ。

 

「健康」「家族」「希望」

これさえあれば、これからも生きていけそうだ。

この一年は、濃い一年だった・・・

 

 

  ランキングバナーは昨日の桜。

↓ ↓よろしければクリックお願いします

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

応援ありがとうございます。


ブログの最新記事