どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

退院日が決まった

今週の土曜日に退院である。

主治医は退院という言葉を使わず、外来通院に変えますと告げた。

週に三日の通院である。

外来で治療を行うのでなく、今入院している病棟に通院という。

ここで、傷のスポンジ交換をするようである。

退院というより、外泊入院の感じである。

 

退院が決まると、さぞかし嬉しいのだろうと思っていた。

しかし、それほど喜んでいない自分がいる。

まだ、傷口は大きく開いたままである。

痰の色は茶色で汚い。

心配なことがいろいろある。

そのため素直に喜べないのであろう。

 

カミさんは言う。

とにかく退院することが大事である。

長く病院にいること自体が良くない。

精神的にも病人に染まっていく。

早く普通の生活をして、体力をつけていったほうがいいという。

 

確かにそうである。

病院にいると、手取り足取りいろいろ世話をしてくれる。

空調温度も管理されていて快適である。

まさに温室生活である。

こんな恵まれた環境にいると、人間だらけてしまう。

というより、もうかなりだらけている自分がいる。

 

まず退院である。

それから後のことは、その時考えればいい。

通院はどうしよう。

家で体調が悪くなったらどうしよう。

いろいろ心配事はあるが、とりあえず退院である。

 

退院まであと二日。

うーん、頑張ろう。

 

 今日のランキングバナーはポートダグラスの朝。

何か明るい未来を感じる、私の好きな写真である。

↓ ↓よろしければクリックお願いします  

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

 応援ありがとうございます。


PVアクセスランキング にほんブログ村