どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

誰が最初にするか、それが問題である。

昨晩は久しぶりに熱が出た。

汗をかいているので、体温を測ってみると微熱であった。

いつも痛み止めにロキソニンを飲んでいる。

これは熱冷ましにも使われるので、それほど熱は上がらない。

その代わり、熱を下げようと汗が出る。

着替えて、また寝直した。

朝起きて測ると平熱に戻っていた。

熱の原因がわからないだけに気になる熱である。

 

新しい機械SNAP125は順調に動いている。

昨晩、満杯になったので、リセットをかけた。

上の方に溜まっている空気を抜くためである。

リセットのためには、機械の上部から棒を差し込む。

空気だけが抜けるように力加減が大切である。

せっかくなので、ナースステーションでみんなの見守る中で抜くことにした。

さて、誰が棒を差し込むかということになった。

婦長さんが手を挙げた。

さすが年の功である。

ビビることなく、ぐっと差し込んだ。

オーという声が上がる。

最初の記念すべきリセットである。

傷口が痛くなるかと思ったが、それほど気にならなかった。

 

新しい機械には誰かが実験台にならないといけない。

この機械に対しては、私がそうである。

主治医からもズバリ実験台と言われた。

長い付き合いのある主治医である。

人が人なら、クレームの対象になる言葉だが、私との間では笑いですむ。

 

 今日のランキングバナーは水仙。

↓ ↓よろしければクリックお願いします  

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

応援ありがとうございます。


PVアクセスランキング にほんブログ村