どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

伊予弁がインターナショナルになった

血圧の高い朝である。

楽勝だと思った松山君の優勝がきわどい勝負となった。

さすが相手はヨーロッパチャンピオンのステンソン。

年季の入った勝負師である。

じわじわ松山君にプレッシャーをかけてきた。

それでも踏ん張って、なんとか優勝にたどり着いた。

ここ5試合で4勝という驚異的な成績。

稼ぎもここ二ヶ月で、今回の一億円を加えて、四億円を超えた。

とんでもない成績である。

これで松山君の今年の試合は終わった。

 

今年は松山に帰省するのであろうか。

恒例の、父親が経営するゴルフ練習場でのサイン会はすごい列になりそうである。

例年、正月に行われるが、正月明けにハワイで試合があるので微妙な感じである。

 もしあれば、私もその行列に並びたいものである。

 

f:id:fabifuten:20161205075754p:plain

www.pgatour.com

 

松山君を見ていると夢があっていい。

若者が高みを目指して頑張っている姿は自分の励みにもなる。

 今も、優勝インタビューをネットで見ていたが、彼は謙虚である。

じっと我慢を続けて今に至ったのがよくわかる。

そして、言葉の端々に伊予弁が出てくる。

今もなお、田舎者の雰囲気が残っているのがまた嬉しいところでもある。

 

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑↑よろしければクリックお願いします。

 


ブログの最新記事