どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

渋い金銭感覚

今日もいい天気である。

いつものように談話室で朝のコーヒーを楽しんでいた。

まだ7時前だというのに、面会客らしい婆さんエレベーターで上がってきた。

病室の方に行くのかと思いきや、私のいる談話室の給湯器に向かってきた。

服はすごい厚着で、かれこれ寒い時に家を出たようである。

帽子もかぶり。マスクもしている。

 

バックを二つ持っていた。

そのバックの中から水筒を取り出すと、給湯器のお茶を紙コップで一杯ずつ組み始めた。

かれこれ10分くらい給湯器の前にいただろうか。

水筒二本分くらいのお茶は汲めただろう。

汲み終わった後、水筒をバックに入れ、また、エレベーターで下がっていった。

 

f:id:fabifuten:20161105074211p:plain

 

めちゃくちゃ気になった。

追いかけてどこに行くのか確かめたくもなった。

まず間違いないのは、無料のお茶を手に入れるために、わざわざ入院階までやってきたということである。

以前、リハビリか何かでこの階に来たことがあるのであろう。

あまりにも自然に給湯器の前まで来たからである。

少なくとも入院患者の面会などではなかった。

 

時間は朝7時なので、病院の入り口は空いている。

誰でも入れるといえば入れるのだが、全く病院に関係のない人が4階まで上がってきて、お茶を汲むとは思えない。

多分であるが、8時からの病院受付の順番取りに来たのだが、暇なのでお茶を汲みに来たと思いたい。

まさか、まさかと思うが、全く関係ない人が病院に入ってきて、お茶を汲んで帰ったとは考えたくはない。

 

 

それにしても渋い金銭感覚である。

ペットボトル2本分、金額にして三百円ほどの仕事をしたわけである。

ペットボトルのお茶を買わないで、給湯器のお茶をペットボトルにつめる入院患者はよく見かける。

が、外部の人がそれをするとは・・

 

日曜9時の法門寺沙羅駆なみに朝から推理で楽しんでしまった。

 

ところで、この変な名前「ほーもんじ しゃらく」、シャーロックホームズからつけられたと知らなかったのは私くらいでしょうか・・

 

今日のランキングバナーは四国山脈に登る朝日です。

秋晴れの気持ちの良い日が続いています。

 

↓ ↓よろしければクリックお願いします

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

いつも応援ありがとうございます。

 


ブログの最新記事