どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

老後の孤独は病気より怖い

台風一過の秋晴れの朝である。

本来であれば、気分も晴れやかなはずであるが、寝不足の朝である。

松山は昨日より秋祭りである。

カミさんも友達を連れて神輿の鉢合わせを見に行ったはずである。

こんな物騒なところはもう来ないと思わなければいいが・・

写真は昔のものである。

f:id:fabifuten:20161006071427p:plain

 

昨晩は個室の婆さんの絶叫に悩まされた。

一時間おきに、うぎゃとかエェとか、叫ぶのである。

痛いわけではないようである。

ただ、目が覚めたので、叫んでいますという感じである。

看護師さんが行くと静かになる。

これが一時間おきに繰り返された。

個室なので叫ぶときはドアを閉めて叫んで欲しいのだが、ドアは開けっ放しである。

先ほど朝になって病棟に電気がつくと静かになった。

ただ、寂しいだけと思われる。

 

今までも、寂しいので騒がしい人を色々見てきた。

ナースコールがあるのだから、押せば看護師さんは来てくれる。

でも、呼んでも用があるわけがないので、しまいには来なくなる。

そこで、その次の方法として考えるわけである。

「看護婦さ〜ん」と大声で呼ぶパターンが多いが無視されるようになる。

次に考えるのは、看護師さんの個人名を叫ぶ。

色々、ひまだからあの手この手と考える。

 

笑えるようなものもある。

「なーてんしー」とよくわからない言葉か聞こえてきたときもある。

よく聞くと、ナースステーション、ナースステーションと叫んでいた。

これには笑えた。

叫んでいるときにカミさんに教えると、腹を抱えて笑っていた。

 

夜中騒がしい人は寂しい人だからである。

そのため、病院の対処として、ひどい時は身内の人に付き添ってもらっているようである。

ずっと居なくても、少しだけでも面会に来てもらえると落ち着くようである。

 老後の孤独は病気より怖いかもしれない。

 

改めて、家族の大切さを感じた。 

 

 猫さんもささやかに応援してくれてます。

↓↓ よろしければ、クリックお願いしますニャン

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 

 


ブログの最新記事