どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

気楽に過ごすと、入院生活も楽になる

先ほどまで夜明けを見ていた。

ひさびさ見た夜明けである。

眩しかった。

生き返ってよかったと思った。

時々思うことだが、あの喀血の際、死んでいたらどうなったのだろう・・

太陽を見ていると、生きている実感が湧いた。

 

朝のコーヒーがうまい。

今日は談話室の給湯器でコーヒーを作ってみた。

f:id:fabifuten:20161001064746p:plain

いつもながらのインスタントであるが、美味しい。

 

昨日は大部屋の中でベットを移動してもらった。

真向かいの人が退院したので、その場所に変わった。

枕の向きが西向きから東向きに変わっただけなのであるが、雰囲気がガラッと変わった。

まず、窓から見える風景が変わった。

それまでは、病院の中庭が見えていたのだが、今は街並みがビルの谷間からではあるが見えるようになった。

夜になると、デパートの上にある観覧車のイルミネーションが綺麗に見える。

裟婆の世界が近づいたようである。

婦長さんに頼もうかどうかためらっていたのだが、頼んで良かった。

こんなちょっとしたことが入院生活の質を変える。

 

痛み止めに関しても我慢をやめてみた。

毎日、夕方になると痛み止めの谷間のため、痛みで辛かった。

夕食後の痛み止めを飲むまでじっと我慢していた。

昨日はあまりの痛さに耐えられなくなり、追加のロキソニンを飲んだ。

おかげで痛みが楽になり、いつもの憂鬱な夕方が明るく過ごせた。

 

我慢は、ほどほどにしておいたほうがいいようである。

肩の力を抜いて、生活するのを忘れていたようである。

大部屋に移るということで、いつの間にか気合いを入れていたようである。

 

さて、今日から我慢はほどほどに気楽に生活するようにしよう。

 

 

 猫さんもささやかに応援してくれてます。

↓↓ よろしければ、クリックお願いしますニャン

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 

 


ブログの最新記事